舌の汚れが口臭の原因?体の不調のサインかも!原因や正しい取り方を解説!

公開日:2020-12-10 | 更新日:2021-01-27
LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する
舌の汚れが口臭の原因?体の不調のサインかも!原因や正しい取り方を解説!

舌の汚れ。正体は「舌苔」!

舌に付く白い汚れ。毎日きちんと歯磨きしてるのに、なんで付くの?見た目も良くないし、何とかしたい!と気になっている方も多いはず。
その舌の白い汚れは「舌苔」といって、なんと舌のカビなんです!放っておくと、口の中だけでなく体のさまざまな不調の原因にも…!
でもこの舌苔、歯磨きやうがいをするだけでは落ちないので、正しいケアが必要です。
舌苔ができる原因や正しいケアの方法を知って、汚れのない清潔な舌を保ちましょう。

舌の汚れを簡単ケア!息までスッキリ♪
UHA味覚糖の「シタクリア」

舌の汚れ「舌苔」って何?

舌苔とは舌のカビのこと

舌苔とは…舌に付いているカビのフィルムのこと!カンジダ菌などのカビ菌が増殖すると、フィルムのように集まって舌の表面を覆ってしまうことがあるのです。その中には食べかすや口の中のはがれた粘膜なども含まれています。舌の表面には味や触感などを感じるため小さなデコボコがたくさんあり、その隙間に菌や汚れが溜まりやすいのです。

舌苔は口臭や味覚にも影響する

舌苔はただ見た目が良くないだけでなく、放っておくと口臭や味覚にも悪影響を及ぼします。
舌苔は口臭の主な原因のひとつと言われていて、ニオイのもとがいっぱい。それが増えると口臭も強くなってしまうのです。
また、舌苔が増えて舌の表面が厚く覆われてしまうと、味を感じにくくなるなどの不調につながります。

口臭の原因になる

しっかり歯を磨いてたりケアしているのに、お口のニオイが気になるという人はいませんか?それ、舌苔が原因かも!
先述の通り、舌苔には食べかすやはがれた粘膜なども含まれています。それらが細菌によって分解されて腐敗すると、ニオイのもとになるガスが発生。口臭となってしまうのです。
だから口臭が気になる人は、舌苔を掃除してニオイのもと取り除いてみて!

味を感じにくくなる

舌の表面には「味蕾(みらい)」という味覚を司る器官が存在しています。それが舌苔で覆われてしまうと、味を感じにくくなることも。味覚が鈍ると、濃い味付けを好むようになり、知らず知らずのうちに塩分や油の摂りすぎにもつながります。舌をキレイにして味をしっかり感じることで、健康的な食生活にもつながるのです。

舌苔は体の不調のサインでもある

「舌は健康のバロメーター」と言われるように、舌苔は体調の変化によっても増えることがあります。もし舌苔が増えるのなら、体の不調があるのかもしれません。
体調の変化や不調に早く気がついて対応できるよう、日頃から意識して舌をチェックしておくと良いですよ。

① 免疫力が低下している

舌苔を作るカンジダ菌は、免疫力の低下によっても増殖します。舌苔が増えているということは、免疫力が下がっているのかもしれません。
舌苔が増えたと思ったら、睡眠や休息を十分取るようにしたり、適度な運動をするなど、健康的な生活を心がけてみてくださいね。

② ストレスを抱えている

ストレスも舌苔が増える原因に。ストレスが溜まると、だ液の分泌が減ってしまうことがあります。だ液には口の中の汚れを洗い流したり、細菌の繁殖を抑えたりする“自浄作用”があるので、だ液が減ると舌苔が付きやすくなるのです。だから舌苔が増えていたら、ストレスでだ液の分泌が減っているのかも。自分なりのストレス発散法を見つけてスッキリするのがおすすめですよ。

舌苔は専用のケアで取ることが大事

ポイント

先述の通り、舌苔は放っておくと口臭の原因になったり、味覚が鈍ってしまいます。さらに、舌苔に含まれるカンジダ菌などの細菌が、喉から体内に入って大量に増えると、体の様々な不調にもつながるのです。
だから舌苔が付いていたら、そのままにしないできちんとケアすることが大事。お口と体の健康を守るため、舌苔はしっかり取り除きましょう。

舌の汚れを取る!正しい舌ケアの方法

舌苔は歯磨きやうがいでは取れない

NO!を連発する若い女の子 イラスト

舌苔は舌の表面を覆うカビのフィルム。だから当然歯を磨いても舌の汚れは取れません。
また、家の中で生えるカビが水で洗い流しても取れないのと同じように、うがいで口をゆすいでも、舌苔を取るのは難しいのです。
だから舌苔を取るには、専用のケアを正しく行うことが大事!

舌苔を摂るケア方法は2種類

舌苔を取る舌ケア方法は、大きく分けて2種類!

  1. 舌磨きをする
  2. 舌ケア用のキャンディやタブレットを食べる

舌磨きで舌苔を直接磨き落とす方法と、キャンディやタブレットで舌ケアの成分を舌の上に行き渡らせる方法です。

① 舌磨きをする

舌苔を直接除去できるのが舌磨き。専用のブラシを使って舌苔を磨き落とします。舌磨きはやり方を間違えると逆効果になったしまうので注意。ポイントをおさえて正しくケアしましょう。

タイミングは朝、1日1回行う

舌磨きは1日1回、朝に行うのがおすすめ。起床時は菌がいっぱいな状態なので、朝の歯磨きと一緒に行いましょう。

ブラシは舌の奥から手前に動かす

ブラシは舌の奥から手前へ、一定の方向に動かしましょう。舌苔に含まれる細菌が喉の奥へ入ってしまわないようにするためです。舌をできるだけ前に出して行うと舌の奥まで磨くことができますよ。

軽い力でなでるように行う

舌磨きを行う時は、力を入れすぎないように注意。舌はとてもデリケートなので、傷付けないよう軽い力でなでるようにブラシを動かしましょう。
もし磨きすぎて舌を傷付けてしまうと、そこから菌が繁殖して逆に舌苔が付きやすくなってしまいます。

② 舌ケアのキャンディやタブレットを食べる

一番手軽な舌ケアの方法は、ズバリ舌ケア用のキャンディやタブレットを食べること!舌ケアのキャンディやタブレットには、舌の研究から発見されたケア成分が入っているものもあります。それを舌の上で舐めて溶かすことで、その成分が長く舌の上にとどまり、舌をケアしてくれるんです。

カンジダ菌にアプローチすることが大事!

舌苔はカンジダ菌などのカビ菌が増殖してフィルムのように舌を覆ってしまうことでも発生します。だから舌苔を取るには、そのカンジダ菌を減らすことが大事!舌ケア用のキャンディ・タブレットには、長年の舌カンジダ研究から発見されたケア成分が入っているものもあるので、舐めることでカンジダ菌にアプローチできます。
カンジダ菌が減ると、カビのフィルムが縮小されて舌苔の除去につながるのです。

毎日ケアすることが大切

黒板に書かれたポイント

毎日歯を磨くのと同じように、舌のケアも毎日行うことが大事。舌の汚れは1回のケアでキレイになるものではありません。繰り返し行うことでキレイな舌を保つことにつながるのです。だから手軽なケアや続けやすいケアを毎日の習慣にしましょう。

UHAシタクリア

UHAシタクリアは、オーラルケアに特化したキャンディ・タブレット・ジェル!

 

・長年の舌カンジダ研究から発見されたケア成分配合
・簡単・手軽にケアできる
・美味しく続けられる!

 

長年の舌カンジダ研究から発見されたケア成分が口内環境をサポートします。
キャンディ、タブレット、ジェルタイプの3種類で、口に入れて舐めるだけの簡単ケア!サッと口に入れられるので、仕事の合間や移動中、人と会う前にも便利です。
さらに味にもこだわっているから、美味しく続けられる!

UHAシタクリアを詳しくみる

舌の汚れは毎日のケアでキレイにしよう

舌の汚れはそのまま放置していると、見た目が美しくないだけでなく、口臭や味覚、体の様々な不調の原因に。
舌の汚れをなくすには、日頃のケアが大切です。毎日しっかりケアして、キレイな舌を保ちましょう!

記事内容に関するお問い合わせ

記事内容に関するお問い合わせ

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、運営委託先のEPARKより改善結果をメールでご報告いたします。
お問い合わせ内容

貴重なご意見をありがとうございます
readcare(リドケア)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する