体重が減らなくなった…2つの解決法伝授!停滞期のNG行動&チートデイのやり方も

公開日:2022-01-05
LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する
体重が減らなくなった…2つの解決法伝授!停滞期のNG行動&チートデイのやり方も

ダイエットを始めて、最初は順調に体重が減っていたのに、急に体重が減らなくなった…
食べてないのに、運動もしているのに、なんで?
とお悩みの方へ。それはダイエットの「停滞期」かもしれません。でも心配しなくてOK!そのままダイエットを続けていけば、停滞期を抜け出し、また体重が減り出すようになりますよ。
この記事では、体重が減らなくなった原因や、停滞期を乗り切る方法などについて解説します。停滞期の仕組みや対処法などを知って、停滞期を乗り切り、ダイエットを成功させましょう。

なぜ?体重が減らなくなった原因

体重が減らなくなったのはダイエットの「停滞期」かも

順調に体重が減っていたのに、急に体重が減らなくなったのは「停滞期」に入っているのかも。
停滞期とは体重に変化がない時期のことで、ダイエット中の人なら誰にでも起こりうる現象。ダイエットのために摂取カロリーが少ない状態が続いたり、体重が減ったことにより、体が飢餓状態だと判断して、省エネモードに入ってしまうのです。そのため、栄養や水分を溜め込もうとしたり、消費カロリーを抑えようとして体重が減りにくくなるというわけ。

あわせて読みたい
よく食べるのに痩せている人っていますよね。 自分は食べる量やカロリーに気をつけてもなかなか痩せないのにうらやましい!と...

心配しなくてOK!停滞期はダイエットが順調な証拠

okサイン イラスト

急に体重が減らなくなると不安になるかもしれませんが、心配しなくてOK!そのままダイエットを続けていれば、必ずまた体重が減る時期がやってきます。
停滞期は摂取カロリーや体重が減ったことにより、体が危機を感じ、体を守るために起こる自然な反応です。順調に体重が減っているからこその反応、つまりダイエットが上手く進んでいる証拠!体がその状態に慣れれば、また体重が減っていくようになりますよ

停滞期の期間は人によって異なり、約2週間~1ヶ月ほど続くと言われています。長い人だと2ヶ月くらい続くことも。体重が減らないとモチベーションを保つのが難しいかもしれませんが、また体重が減る時が必ず来るので、焦らず停滞期を乗り切りましょう。

ストレスや睡眠不足が原因の可能性も

体重が減らなくなったのは、ストレスや睡眠不足が原因の可能性も。
ストレスを感じると自律神経が乱れやすくなり、血行不良や体の冷えにつながります。すると内臓の働きが鈍くなり、代謝が落ちて痩せにくくなる原因に。
また、睡眠中は脂肪を分解する働きを持つ成長ホルモンが分泌されますが、睡眠が足りないとこの成長ホルモンが十分に分泌されず、痩せにくくなります。

ダイエットと言えば食事と運動のイメージが強いかもしれませんが、ストレスを溜めないことや睡眠をしっかり摂ることも大切。特にダイエット中はストレスを感じやすいので、友人とのおしゃべりや美術館めぐり、動画鑑賞、散歩など、自分なりのストレス解消法を作っておきましょう。

あわせて読みたい
ダイエットをしているとき、なかなか体重が減らなくて挫折しそう…と思ったことはありませんか?でも、そこでダイエットをやめ...

ダイエットを加速させる。停滞期を乗り切るおすすめの方法

停滞期を乗り切るには「食べ方を変えてみる」のがおすすめ!

ソファで食事をする若い女性

停滞期とは、逆にいえばダイエットが上手くいっているからこそ起こるもの。
そのまま頑張ってダイエットを続けていれば必ずまた体重は減っていくので心配はいらないのですが、なんとか効率よく停滞期を乗り切りたいですよね。

そういうときには、「食」で体重変化にブーストをかけるのがおすすめ!

体が栄養不足を感じ、一時的に飢餓状態だと判断して省エネモードに入ってしまったということは、一度体に栄養を入れて、「飢餓状態ではなくなった」と判断させればいいのです。
省エネモードを脱却してくれれば、また体重が落ちるようになりますよ。

おすすめなのは【チートデイ】を作ること!
ポイントなどを詳しく説明していきます。

チートデイの正しい作り方やポイント

チートデイとは、「何でも食べて良い日」のこと!
チートデイを作ることで、摂取カロリーを増やし、体に「これから栄養がたくさん入ってくる」と勘違いさせることができます。すると体が「飢餓状態ではなくなった」と判断し、省エネモードをやめて停滞期の脱出が期待できるというわけ!

さらに、好きなものを何でも食べることでダイエット中の我慢やストレスを解放し、モチベーションの維持にもつながります。先述の通りストレスは体重が減らなくなる原因になるので、チートデイを作ってストレスを溜め込まないようにしましょう。

「ダイエット中なのに何でも食べてリバウンドしない?」と不安に思うかもしれませんが、ポイントを押さえて正しく行えば大丈夫。上手に取り入れてダイエット成功につなげましょう。

あわせて読みたい
ダイエット中の食べていい日「チートデイ」が痩せに繋がる!? ダイエット中、毎日食事制限を頑張っているのになかなか痩せな...

チートデイは週1回程度がおすすめ

チートデイを行うのは週1回程度がおすすめです。
頻度が多すぎるとリバウンドにつながる可能性もあるので、「今日はチートデイにしちゃおう」なんて、毎日がチートデイにならないように計画的に行いましょう。
前もって予定が分かっているのであれば、友人と食事に行く日や、飲み会やイベントの日をチートデイに設定するのも良いですよ。

何でも食べてOK!どうしても気になる人は高タンパクなものを

チートデイは好きなものを何でも食べてOK!チートデイの目的の1つは我慢やストレスを解放することなので、「食べたら太っちゃうかも…」など気にせずに、思いっきり好きなものを食べましょう。パフェでもハンバーガーでもOK!ストレスフリーにすることが大切ですよ。

それでも、どうしても気になるという人は、高タンパクなものを選んで食べるのがおすすめです。タンパク質は三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)の中で一番脂肪に変わりにくい栄養素なので、たくさん食べても太りにくい!さらに、筋肉の材料にもなるので、筋肉量アップにも役立ちます。筋肉はたくさんのカロリーを消費してくれるので、筋肉が多いほど消費カロリーが増えて体重が減りやすくなる!タンパク質をたくさん摂ることは、痩せやすい体づくりにもつながるのです。

例えば

  • ステーキ
  • 焼肉
  • 焼き鳥

などが高タンパクでおすすめですよ。

チートデイ以外でもタンパク質を増やしてみよう

停滞期には、チートデイ以外の日の食事内容も見直しておくのもおすすめ。停滞期を抜けやすくなったり、抜けた後にさらに効率よく体重を減らしていくことにつながりますよ。
また、停滞期が2ヶ月以上続くなど、長すぎる人は停滞期だけが原因でなく、ダイエット法そのものが良くない可能性もあるので、この機会に見直してみましょう。

食事はバランスが大事。タンパク質をしっかり摂ろう

ダイエット中はカロリーに意識が向きがちですが、摂取カロリーを抑えるだけでなく、バランスを整えることも大事です。栄養が偏っていると逆に痩せにくくなってしまうことも。痩せるために必要な栄養素まで制限してしまってはもったいないので、太りやすいものだけを控えるようにしましょう。

ポイントは、タンパク質をしっかり摂り、脂質を控えること。先述の通りタンパク質は食べても太りにくく、筋肉の材料になるため痩せやすい体づくりに欠かせません。しっかり摂る方がダイエットの効率アップにつながります。反対に、脂質は三大栄養素の中で一番脂肪に変わりやすいため控えるのがおすすめですよ。

停滞期は栄養の吸収が良くなっているので、不足しがちなビタミン・ミネラルを意識して摂ることも大切。ビタミン・ミネラルも、筋肉作りをサポートしたり、摂ったカロリーを燃焼しやすい状態にしてくれたりと、ダイエットの効率アップにつながります。

違う種類の運動をすることで痩せやすくなる可能性も

また、食事内容の見直しと合わせて、運動法を変えてみるのもおすすめ。同じ運動ばかりしていると体が慣れてしまい、ダイエットの効果が表れにくくなることがあります。なので、例えば毎日ランニングしているのに体重が減らないという人は筋トレメインの運動に変えてみたり、筋トレをしているならメニューを変えて違う部位を鍛えてみたりすると良いかも。いつもと違う筋肉が刺激されることで代謝がアップし、カロリーが消費されやすくなって体重減少につながりますよ。

これはダメ!体重が減らなくなった時のNG行動

体重が減らなくなった時に陥りやすい3つのNG行動をご紹介。停滞期はダイエットが順調に進んでいる証拠なので、焦ったり気を抜いたりしたらもったいない!次の3つだけはやらないように気を付けて!

① ダイエットを諦める

ダイエットを頑張っているのに体重が減らなくなると、「もうこれ以上減らないのかも」とダイエットを諦めたくなるかもしれません。モチベーションも下がってしまいますよね。
でもそこでダイエットを諦めてしまったらもったいない!先述の通り、停滞期はダイエットが順調に進んでいる証拠。続けていれば体が慣れて停滞期を抜け出し、再び体重が減り始める時が必ず来ます。
だから「今は停滞期なんだ」と、そういう時期なんだと思って、焦らずダイエットを続けていきましょう。

② ヤケ食い・暴飲暴食

当たり前と思うかもしれませんが、体重が減らないからといってヤケになって暴飲暴食に走らないように気をつけましょう。先ほどチートデイの話をしましたが、計画的に行うチートデイと暴飲暴食は違います。
停滞期は栄養の吸収が良くなっているため、普段よりカロリーを吸収しやすい上、省エネモードなので消費されにくいです。そんな状態で暴飲暴食してしまうとリバウンドの原因に…。
チートデイで上手くストレスを発散しながら、暴飲暴食を防ぎましょう。

③ 食事制限や運動を厳しくする

体重が減らなくなったからと言って、「食べ過ぎているのかも」「運動量が足りないのかも」と、さらに食事制限を厳しくしたり、運動量を増やそうとするのはおすすめできません。
停滞期が来るということは、それまでのダイエットが上手くいっている証拠。それなのにさらに厳しくしようとすると、自分を追い詰めてしまいます。それでつらくなってダイエットが続かなくなってしまったら、それまでの努力がもったいない!
焦らず続けていれば、停滞期を抜けてまた体重が減っていく時期が必ず来るので、そのままのペースを保っていきましょう。

ダイエットのお供に「SIXPACK プロテインバー」

ダイエットにプロテインバーを活用するのもおすすめ。
プロテインバーとはタンパク質を効率よく摂るための栄養補助食品です。食事で摂るよりカロリーを抑えられるからダイエットのお供にも!
さらにプロテインバーは、甘くてスイーツみたいに食べられるから、チートデイにもピッタリです。
数あるプロテインバーの中でも特におすすめなのが「SIXPACK プロテインバー」。
ポイントは次の3つ。

  1. 1本に20gの高タンパク
    「SIXPACK プロテインバー」は、1本に20gのタンパク質を配合。これは他のプロテインバーの1.5~2倍、国内トップレベルの多さです。痩せやすい体づくりに欠かせない筋肉の材料となるタンパク質をより効率よく摂れるから、ダイエットをしっかりサポートしてくれますよ。
  2. 余計な脂質・脂質はカット
    さらに、余計な脂質や糖質は極限までカット。脂質4g、糖質5g(クランベリー味)と、他のプロテインバーと比べても格段に低く抑えられています。1本200kcal以下だから、カロリーが気になる人にもおすすめ!
  3. 美味しく手軽に食べられる
    ラインナップは「キャラメルピーナッツ」、「チョコレート」、「クランベリー」の3種類に加え、今注目の成分「MCTオイル」を配合した「KETO Dietサポートプロテインバー チョコナッツ味」の計4種類。スイーツ感覚で食べられるから、ダイエット中のおやつやチートデイにもピッタリです!

SIXPACKを詳しくみる

通販なら20%OFFで買える

「SIXPACK プロテインバー」を買うなら通販がおすすめ!
UHA味覚糖公式健康・美容通販サイトなら、10個セットがなんと20%OFFで購入できます。
お得に買えて、自宅まで届けてくれるから便利でラクチン♪しかも送料無料です!

まとめて購入はこちら

体重が減らなくなっても焦らないで!停滞期を乗り切ろう

ダイエットを頑張っているのに以前より体重が減らなくなったのは「停滞期」が原因かも。
停滞期はダイエット中の人なら誰でも起こりうるもので、ダイエットが順調に進んでいる証拠です。だから心配しなくてOK!焦らずダイエットを続けていれば、停滞期を抜け出し、また体重が減り始める時がやってきますよ。チートデイを上手く取り入れながら停滞期を乗り切り、ダイエット成功させましょう!

記事内容に関するお問い合わせ

記事内容に関するお問い合わせ

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、運営委託先のEPARKより改善結果をメールでご報告いたします。
お問い合わせ内容

貴重なご意見をありがとうございます
readcare(リドケア)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する