痩せすぎ改善│太れないのは食事の仕方が原因?4つの原因と太る方法解説

公開日:2022-04-04
LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する
痩せすぎ改善│太れないのは食事の仕方が原因?4つの原因と太る方法解説

痩せすぎを改善するにはどうしたら良いの?

太るために頑張って食べる量を増やしたり、なるべく高カロリーなものを食べるようにしているのに、なかなか思うように太れない…
痩せすぎを改善するにはどうしたら良いの?
とお悩みの方へ。

痩せすぎのお悩みは食事法の工夫と運動で改善していけますよ!
この記事では、太れない原因や、痩せすぎ改善のための食事法や運動法を解説します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

太れない原因4つと痩せすぎを改善する方法

チェックリスト

痩せすぎを改善するには、まずなぜ太れないのか原因を考えてみましょう。体質的な要因もあるかもしれませんが、そうでないこともあります。原因を知ることで正しく対策できるので、効率よく痩せすぎ改善につながりますよ。
考えられる主な原因は次の4つ。

  • 摂取カロリーが少ない
  • 栄養バランスが良くない
  • 消化吸収機能が低下している
  • 運動不足

生まれつきの体質でなく、食事のしかたや運動不足などに原因がある場合は改善できます。
原因と改善方法についてひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

原因① 摂取カロリーが少ない

太るためには「摂取カロリー>消費カロリー」にすることが大切。消費されなかった分のカロリーが脂肪として蓄えられるのですが、摂取カロリーが消費カロリーより少ないと、脂肪が消費されて減ってしまうため太れない原因になります。

食事を工夫して摂取カロリーを増やそう

痩せすぎに悩む人の中には、摂取カロリーを増やすためにたくさん食べたくても、食べるのが苦手でたくさん食べられない…という人もいるでしょう。
そういう人も大丈夫!食べる量を増やすことだけが摂取カロリーを増やす方法ではありません。詳しくは後述しますが、食べるものや食べ方を工夫することで、無理に食べる量を増やさなくても摂取カロリーを増やすことができますよ。

原因② 栄養バランスが良くない

太りたいからと、太りそうなイメージのある揚げ物や菓子パン、カップ麺ばかり食べようとしたりしていませんか?
そうやってせっかくたくさんカロリーを摂っても、栄養バランスが偏っていると、太るために必要な栄養素が不足したり、体に栄養を吸収する力が落ちて太れない原因になることがあります。痩せすぎを改善するためには、やみくもに高カロリーなものばかり食べれば良いというわけではないのです。

バランスを整えて太るために必要な栄養素を摂ろう

痩せすぎを改善するには、摂取カロリーを増やすのと合わせて、バランスを整えることも大切。特に大事なのが、三大栄養素と呼ばれるタンパク質炭水化物脂質です。
タンパク質は体を作るもとになる栄養素で、炭水化物は活動のエネルギーとなって筋肉や脂肪の減少を防いでくれます。脂質は高カロリーなので効率よく摂取カロリーを増やすことができます。詳しくは後述しますが、この3つの栄養素を、ポイントを押さえて摂ることで痩せすぎ改善につながりますよ。

原因③ 消化吸収機能が低下している

たくさん食べているのに太れない…という人は、食事で摂った栄養を体内に吸収する機能が弱いのかも。
通常、ものを食べると胃や腸で分解されて栄養が吸収され、不要なものが体外へ排出されます。ところがこの働きが弱っていると、どんなにカロリーを摂っても上手く体に吸収できず、太れない原因になってしまうのです。

腸内環境やストレス対策で消化吸収機能をサポートしよう

腸内 イメージ

食べ物の栄養を消化吸収する働きは、個人の生まれつきの体質による場合もありますが、腸内環境の乱れやストレスが原因で弱っている場合もあります。
そのため、腸内環境を整えたり、ストレスを緩和することで改善されることも。腸内環境をサポートしてくれる食物繊維や乳酸菌などを摂るようにしたり、自分なりのリフレッシュ方法を見つけてストレスを溜め込まないように意識してみると良いですよ。

原因④ 運動不足

運動するとますます痩せてしまいそうなイメージがあるかもしれませんが、実は運動不足も痩せすぎの原因に。
人間の体は、何も運動をしていないと20歳を過ぎたあたりから筋肉量が徐々に減っていきます。そのため運動不足の人はどんどん筋肉が減って痩せてしまうのです。デスクワーク中心の人や、運動する習慣がない人は注意が必要ですよ。

自宅でできる簡単な筋トレで筋肉量を増やそう

運動不足かなと思ったら、自宅でできる簡単な筋トレで筋肉量アップを目指しましょう。
筋肉をつけることでメリハリのある健康的な肉付きになり、脂肪だけを増やすより、ほどよい弾力感のあるふっくらボディを作れますよ。
また、筋肉は脂肪より重いので、筋肉を増やすことで効率よく体重を増やすことにもつながります。
具体的な方法は後ほど紹介するので参考にしてみてくださいね。

痩せすぎを改善する食事のポイント5つ

食べるものや食べ方を工夫してカロリーアップ&栄養バランスを整えよう

先述の通り、太るためには摂取カロリーを増やして「摂取カロリー>消費カロリー」にすることが大事です。
といっても無理に食べる量を増やさなくても大丈夫。摂取カロリーを増やす方法は、食べる量を増やすだけではありません。例えば、同じ量でも高カロリーなものに変えたり、1度にたくさん食べられないなら食べる回数を増やしたりと、食べるものや食べ方を工夫することで、自然と摂取カロリーを増やし、痩せすぎ改善につながりますよ。

また、摂取カロリーを増やしつつ栄養バランスを整えることも大事。特にタンパク質・炭水化物・脂質の摂り方がポイントです。

痩せすぎ改善のために意識したいポイントは次の5つ。

  • タンパク質を多めに摂ろう
  • 炭水化物もしっかり摂ろう
  • 良質な脂質で効率よくカロリーアップしよう
  • なるべく食事を抜かない
  • 間食を取り入れよう

ひとつひとつ詳しく解説していきます。

ポイント① タンパク質を多めに摂ろう

タンパク質が豊富な食べもの

痩せすぎを改善するために特にしっかり摂りたいのがタンパク質。筋肉の材料になるので、タンパク質をしっかり摂ることで筋肉の維持・増量に役立ちます。先述の通り、筋肉が増えればふっくらと健康的な肉付きになれるし、効率よく体重を増やしていくことができますよ。

また、タンパク質は筋肉以外にも内臓や皮膚、髪の毛、血液など人体の全てに使われる栄養素。しっかり摂ることで内臓を健康に保ち、栄養を消化吸収する働きをサポートすることにもつながります。

ポイント② 炭水化物もしっかり摂ろう

雑穀米

痩せすぎを改善するためには炭水化物も大切。炭水化物は活動のエネルギーになる栄養素で、不足するとエネルギーが不足し、代わりに筋肉や脂肪を分解してエネルギーを作り出そうとします。そのため、筋肉や脂肪が減って痩せすぎの原因に。炭水化物をしっかり摂って筋肉や脂肪を守ることも痩せすぎ改善のポイントですよ。

食物繊維が多いものを選ぶのがおすすめ

炭水化物はご飯やパン、麺類などに多く含まれますが、なるべく食物繊維が多いものを選ぶのがおすすめ。例えばお米なら白米よりも玄米や大麦、雑穀米、パンならライ麦パン、麺なら全粒粉麺などの精製度の低いものを選ぶと食物繊維が豊富です。

食物繊維は体内で消化されにくいため腸まで届き、腸を刺激して便通を良くしたり、善玉菌のエサとなり腸内の善玉菌を増やしてくれるので、腸内環境を整えてくれます。
腸内環境が整うと、摂った栄養の消化吸収が良くなり、太るために必要な栄養やカロリーを吸収して痩せすぎ改善につながりますよ。

ポイント③ 良質な脂質で効率よくカロリーアップしよう

脂質はカロリーを構成する3つの栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)の中で一番高カロリー。タンパク質や炭水化物が1gあたり4kcalなのに比べ、脂質は9kcalと倍以上です。そのため、無理に食べる量を増やさなくても脂質を多く摂ることで効率よく摂取カロリーを増やすことができます。

でも脂質は摂りすぎると生活習慣病などの原因にもなるので注意が必要。より健康的に太るために“良質な脂質”を選んで摂るのがおすすめです。良質な脂質とは、魚やナッツ類、アボカドなどに含まれる脂や、オリーブオイル、アマニ油、えごま油などのこと。効率よく摂取カロリーを増やせるだけでなく、悪玉コレステロールを減らし血液をサラサラにするなどの健康効果も期待できますよ。

ポイント④ なるべく食事を抜かないようにしよう

痩せすぎで悩む人の中には、食べた方が良いのは分かっていても、朝はどうしても食欲が無くて食べられない、あまりお腹が空かない、忙しくて食べる時間がないなど、食事を抜くことがある人もいるかもしれません。
食事を抜いてしまうと摂取カロリーを増やすのが難しくなるので、少しでも何かお腹に入れることを心がけてみて!しっかり食べられなくても、バナナやゆで卵、プロテインバーなど、時間をかけずに手軽に食べられるものを口にするだけでも太りやすさは変わります。そうやって何かお腹に入れる習慣をつけることで、体が慣れて朝も食べられるようになったり、自然とお腹が空くようになることも。無理のない範囲で心がけてみてくださいね。

ポイント⑤ 間食を取り入れよう

プロテインバー

一度にたくさん食べられないという人は、間食を取り入れて食事の回数を増やしてみましょう。食事の量を増やすのは難しくても、間食なら取り入れやすいです。今までの1日3回の食事に間食1回をプラスするだけでも摂取カロリーを増やすことができるので、痩せすぎ改善につながりますよ。
間食には、タンパク質が摂れるヨーグルトやゆで卵、プロテインバー、炭水化物が摂れるカステラや干し芋、良質な脂質が摂れるナッツ類などがおすすめです。

今すぐできる!痩せすぎ改善におすすめの運動法

自宅でOK!大きい筋肉を鍛えて筋肉量をアップしよう

痩せすぎを改善するには、食事の見直しと合わせて、自宅でできる簡単な筋トレで筋肉量を増やすのがおすすめ。筋肉をつけることでふっくらと健康的な肉付きを目指せます。
ポイントは大きい筋肉から鍛えること。

  • お尻
  • 太もも
  • 背中

などの大きい筋肉を鍛えることで、効率よく筋肉量を増やし、ふっくらボディを作っていくことができますよ。
慣れてきたら、腕や肩、ふくらはぎなど、他の気になる部位の筋トレにもチャレンジしてみると良いでしょう。

おすすめ筋トレメニュー

痩せすぎを改善したい人におすすめの、自宅でできる簡単筋トレメニューをご紹介します。

【お尻・太もも】スクワット

しゃがんで立ち上がる動作を繰り返すだけ!お尻や太ももなど下半身を中心に、お腹や背中など、全身をバランスよく鍛えることができる万能トレーニングです。一度に広い範囲の筋肉を鍛えられるので、効率よく全体の筋肉量を増やしてふっくらボディを目指せますよ。

●やり方

  1. 足を肩幅よりも少し広めに開き、つま先は自然に外側に広げて立つ。腕は胸の前で軽くクロスする。
  2. 目線はまっすぐ前を向いたまま、お尻を斜め後ろに引くイメージで、ゆっくり深くしゃがんでいく。
  3. 太ももが床と平行になるくらいまで下がったら、1秒キープ。
  4. 膝を伸ばしきらない程度に立ち上がる。
POINT
背中は丸まらないようにまっすぐ伸ばし、膝から下の角度と上半身が常に平行であるように意識ながら行いましょう。上半身をまっすぐキープすることでよりお腹や背中の筋肉に効きやすくなりますよ。
しゃがむ時に膝が内側に入りやすいので注意。つま先と同じく外側に向けように意識すると良いですよ。膝を前に出しすぎると痛めてしまうので気を付けて!

【背中・お尻・太もも】バックエクステンション

うつぶせになって手足を交互にバタバタさせるだけ!背中、お尻、太ももの筋肉を使うので、上半身と下半身を同時に鍛え、効率よく筋肉を付けていくことができますよ。

●やり方

  1. うつ伏せになり両手を前に伸ばす。両足もまっすぐ伸ばしてつま先を軽く床につく。
  2. 左足でバランスを取りながら、左腕と右足を同時にゆっくり上げていく。
  3. 上がるところまで上げたら1秒キープして下ろす。
  4. 逆の手足を同じようにゆっくり上げ、1秒キープして下ろす。
POINT
手足だけの動きにならないよう、腕は胸から、足は太ももから上げるように大きく動くこと。動きに左右差が出ないように注意しましょう。

【お尻・太もも・背中】シングルレッグ・スティフレッグ・デッドリフト

主にお尻の筋肉を鍛えるトレーニングですが、ポイントを押さえて行うことで太ももの裏や背中の筋肉にも効き、より広い範囲の筋肉を鍛えることができますよ。
椅子を使って行いますが、椅子がない場合は腰くらいの高さの棚などでもOKです。

●やり方

  1. 椅子(棚)の真横に立ち、背筋を伸ばして背もたれに軽く手を添える。
  2. 上半身を倒しながら、椅子に近い方の脚とその反対側の腕を、床と平行になるまで上げる。
  3. 1秒キープして戻す。
POINT
軸足のお尻ともも裏の筋肉がしっかり伸びるように意識しましょう。また、脚を上げた時に、手の指先からかかとまでなるべく一直線になるようにすると背中の筋肉にも効きやすくなります。片側が終わったら反対側も同様に行いましょう。

1日3セットが目安。タイミングや回数に決まりはなし

ポイント

自宅でできる簡単筋トレは1日3セットを目安に行ってみてください。
タイミングに決まりはないので、やりやすい時に行えればOKです。まとめて時間が取れる人はまとめて3セット行っても良いし、難しい人は1日の中で空き時間に分けて行っても大丈夫。自分のライフスタイルに合わせて行ってみてくださいね。

また、1セット何回ずつやれば良いの?と疑問に思っている人もいるかもしれませんが、回数も決めなくてOK。目安は10~15回くらいですが、大事なのは回数よりも体感。「筋肉が疲れてきたな」「キツイな」と感じてから数回続けるくらいが理想です。
筋肉はダメージを修復するときに大きくなるので、筋肉を鍛えるためにはトレーニングでしっかりダメージを与えることが重要。「キツイ」と思ってから数回頑張ることでより筋肉にダメージを与え、修復するときにより大きく成長させることができるのです。効率よく筋肉をつけて痩せすぎを改善するため、あと数回頑張ってみて!

毎日頑張らなくてOK!週3回くらいのペースで続けよう

筋トレは毎日頑張らなくてもOK!週3回くらいのペースで続けていきましょう。
筋トレで何より大事なのは続けること。続けていけば必ず体は変わっていきます。そのためには無理は禁物!
毎日やろうとすると、最初はモチベーションが高いのでできると思うかもしれませんが、だんだん疲れがたまってきたり、他の予定との両立がしんどくなったりして続けるのが難しくなることも。そうなったらそれまでのトレーニングがもったいない!
だから無理して毎日やろうとするよりも、週3日くらいのペースで良いので長く続けることが大事。とにかく続けていくことで確実に体が変化し、理想の体に近づけますよ。

筋トレ後は必ずタンパク質を補給しよう

筋肉をつけて痩せすぎを改善するには、筋トレしたら必ずタンパク質を補給することが大事!先述の通りタンパク質は筋肉の材料となる栄養素なので、筋肉をつけてふっくらボディを作るために欠かせません。特に筋トレ後はダメージを受けた筋肉が回復するために、より多くのタンパク質を必要としています。筋肉の合成が一番高まる時でもあるので、ここでしっかりタンパク質を補給することで、筋肉の回復をサポートし、筋肉量を増やして痩せすぎ改善につながりますよ。
だから筋トレ後はなるべく早く(できれば30分以内)にタンパク質を摂りましょう。

痩せすぎを改善したい人の体作りに「SIXPACKプロテインバー」

痩せすぎを改善するにはタンパク質をしっかり摂ることが大事。
タンパク質の摂取にはプロテインが便利です。プロテインとはタンパク質を手軽に摂れる栄養補助食品のこと。食事で摂るより手軽に摂れるから、あまり食欲がない時や、筋トレ後など、しっかり食事を摂るのが難しい時でも摂りやすいですよ。

数あるプロテインの中でも痩せすぎを改善したい人に特におすすめなのが「SIXPACKプロテインバー」。
国内トップレベルの高タンパクだからより効率よくタンパク質を摂取できる優れものです!
おすすめポイントは次の3つ。

  1. 1本20gの高タンパク
    「SIXPACK プロテインバー」は、1本に20gのタンパク質を配合。これは他のプロテインバーの1.5~2倍、1回の食事で摂りたいタンパク質の量とほぼ同じです。さらにこれ1本で1日に必要なタンパク質の1/3の量が摂れるから(体重60kgの成人の場合)、痩せすぎを改善したい人の体作りをしっかりサポートしてくれますよ。
  2. 必要な糖質、脂質、食物繊維も摂れる
    「SIXPACK プロテインバー」には活動のエネルギーになる糖質や脂質も含まれています。また、クランベリー味なら食物繊維6gも一緒に摂れて、痩せすぎを改善したい人の心強い味方です!
  3. おいしく手軽に食べられる
    ラインナップは「キャラメルピーナッツ」「チョコレート」「クランベリー」「チョコナッツ味」の4種類。スイーツみたいに食べられるから、デザートやおやつ感覚で食べながら美味しく手軽にタンパク質を摂れますよ。一口サイズにカットできて食べやすいのも嬉しいポイントです♪

SIXPACKを詳しくみる

通販で20%OFF!お得に買おう

「SIXPACK プロテインバー」は通販でも購入OK。しかもお店で買うよりお得です!
UHA味覚糖公式健康・美容通販サイトなら、10個セットがなんと20%OFFで購入できます。
10個セットがなんと20%OFF!8個分の値段で10個買えて、2個もお得です。 送料無料で自宅まで届けてくれるから便利でラクチン♪
まとめ買いしてストックしておけば、買いに行く手間もなくいつでも食べられますよ。

まとめて購入はこちら

食事の見直しと簡単筋トレで痩せすぎを改善しよう

痩せすぎを改善するには、食事の見直しと筋肉量アップがポイントです。といっても無理に食べる量を増やしたりしなくて大丈夫。食べるものや食べ方を工夫して摂取カロリーを増やしつつ、栄養バランスを整え、自宅でできる簡単な筋トレで筋肉量を増やしていきましょう。
合わせて腸内環境やストレス対策も意識すると、摂った栄養やカロリーを体内にしっかり吸収しやすくなり、より太りやすくなりますよ。
ポイントを押さえて実践して痩せすぎを改善し、理想の体を目指しましょう!

記事内容に関するお問い合わせ

記事内容に関するお問い合わせ

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、運営委託先のEPARKより改善結果をメールでご報告いたします。
お問い合わせ内容

貴重なご意見をありがとうございます
readcare(リドケア)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する