お腹いっぱいなのに食べたい!対処法は?コレなら食べてOK。ストレスなく痩せるコツも

公開日:2022-04-04
LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する
お腹いっぱいなのに食べたい!対処法は?コレなら食べてOK。ストレスなく痩せるコツも

お腹いっぱいなのに物足りない、まだ食べたい!
と、満腹のはずなのに食欲が止まらない時ってありますよね。
でもこれ以上食べたら太っちゃう、体に良くない、ということは分かっていても止められない…どうしよう!何とかしたい!
とお悩みの方も多いのでは?

そんな時は、我慢しすぎず、食べるものを選んで食べればOK!
この記事では、お腹いっぱいなのに食べたいと感じる原因や、どうしても食べたい時に食べるものを選ぶポイント、おすすめの食べ物などを紹介します。

原因はストレスかも!我慢しすぎず食べるものを選んで食べよう

お腹いっぱいなのに食べたいのはストレスを紛らわせようとしているのかも

お腹いっぱいなのに食べたいと感じる原因の1つにストレスが考えられます。
疲れが溜まっていたり、何か不安を抱えていたり、イライラしていたり、そういったストレスを食べることで紛らわせようとしているのかも!

ストレスを感じると、脳が興奮して「ドーパミン」というホルモンが多く分泌されるのですが、このドーパミンが食欲を高める「摂食中枢」を刺激します。また反対に、食欲を抑える働きがある「レプチン」や「セロトニン」というホルモンの分泌が低下するため食欲が抑えにくくなるのです。

どうしても食べたい時は体に負担が少ないものを選んで食べよう

お腹いっぱいなのに食べたいのは、ストレスなどによって食べることに満足できていないことが多い!
そういう時は我慢しようとしないで、満足いくまで食べるのがおすすめ。もちろん何でも食べて良いわけではなく、【食べていいもの】を選んで食べるのがポイントです。

お腹いっぱいでも食べていいものとは、太りにくいものや、栄養が摂れて体に良いものなど。そういう体に負担が少ないものを選んで食べることで、食べたい気持ちを我慢しなくて良いし、太っちゃうかも、体に良くないかも…といった罪悪感も少なくなるのでストレス軽減にもつながりますよ。

お腹いっぱいなのにどうしても食べたい時に食べて良いものの選び方や食べ方のポイントを解説していきます。

食べていいものはコレ!「満腹でも食べたい時」の食べ物の選び方

先述の通り、お腹いっぱいなのにどうしても食べたい時は、我慢しすぎず、太りにくいものや栄養が摂れて体に良いものなどを選んで食べるのがおすすめ。
ポイントを押さえて選べば、太りにくいだけでなく痩せやすい体作りにもつながりますよ。

ポイントは次の3つ。

  • タンパク質が多いもの
  • 脂質・糖質が少ないもの
  • 食物繊維が摂れるもの

お腹いっぱいなのにどうしても食べたい時は、タンパク質が多く、低脂質・低糖質、食物繊維が摂れるものを選ぶと良いですよ。
ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

ポイント① タンパク質が多いもの

タンパク質の多い食べ物

お腹いっぱいなのにどうしても何か食べたい時は、とにかくタンパク質が多いものを選ぶのがおすすめ!
タンパク質は三大栄養素(タンパク質・脂質・糖質)の中で一番脂肪に変わりにくい栄養素なので、たくさん食べても太りにくいです。
さらに、タンパク質は筋肉の材料になります。筋肉はたくさんのカロリーを消費してくれるので、筋肉が多いほど消費カロリーが増えて痩せやすい体に!タンパク質が多いものを食べることで筋肉の維持・増量に役立ち、痩せやすい体作りにつながりますよ。

ポイント② 脂質・糖質が少ないもの

角砂糖とメジャー

反対に、脂質と糖質(炭水化物)は控えるのがおすすめです。特に脂質は三大栄養素の中で一番カロリーが高く、太りやすい栄養素なので注意。タンパク質や炭水化物が1gあたり4kcalなのに対し、脂質は1gあたり9kcalと倍以上も高カロリーです。摂り過ぎると太る原因になるので、お腹いっぱいの時に食べるなら脂質が少ないものを選びましょう。

また、糖質は活動のエネルギーになるので適量摂る分には太りにくいです。でもお腹いっぱいの時(=エネルギーが十分にある状態の時)に摂ってしまうと、エネルギーとして消費しきれずに脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。お腹いっぱいの時には控えるのがおすすめですよ。

ポイント③ 食物繊維が摂れるもの

食物繊維イメージ

できれば食物繊維が摂れるものだとなおよし。食物繊維はダイエットや健康に嬉しい働きがたくさんあるんです!
噛み応えがあるものに多いので満腹感を得やすく、腹持ちも良いので食べすぎ防止につながります。また、食物繊維は体内で消化されにくいので、そのまま腸に届いて腸内環境をサポート。摂った栄養を効率よく吸収できるようになるので、内臓の働きが活発になって代謝がアップし脂肪の蓄積を防ぎやすくなったり、ダイエットの大敵である便通の改善にもつながりますよ。

さらに、食物繊維は糖の吸収を遅らせて血糖値の上昇を緩やかにしてくれる働きがあります。血糖値が急上昇すると、それを下げるために「インスリン」というホルモンが大量に分泌されるのですが、このインスリンは血糖値を下げる際に糖を脂肪に変える働きがあるため、大量に分泌されるとたくさんの糖が脂肪に変わってしまい太りやすくなるのです。食物繊維は血糖値を緩やかにしてくれるため、インスリンの分泌を抑えて太りにくくしてくれるというわけ!

食べ方もポイント!よく噛んでゆっくり食べよう

食事中の若い女性

お腹いっぱいなのにどうしても食べたい時は、食べ方もポイント。よく噛んで食べることを意識するだけで、太りにくくなったり、食べる量を抑えることにもつながりますよ。

ポイントは噛む回数。よく噛んで食べることで食欲を増進するホルモンが減少し、食欲を抑えるホルモンが増えるので、少量でも食べたい気持ちを抑えることにつながりますよ。
また、よく噛むことで食べるスピードがゆっくりになると、消化・吸収もゆっくりになります。すると血糖値の上昇が緩やかになるので、インスリンが大量に分泌されるのを防ぎ、脂肪がつきにくくなりますよ。
さらに、「噛む」こと自体がカロリーを消費するので、噛めば噛むほどたくさんのカロリーを消費して太りにくくなります。

【7つ】コンビニOK!納豆、ゆで卵など食べていいもの紹介

お腹いっぱいなのにどうしても食べたい時は、高タンパク、低糖質・低脂質、食物繊維が摂れるものを選んで食べるのがおすすめ!
具体的に何を食べて良いの?とお悩みの方のために、お腹いっぱいなのに食べたい時にもおすすめの食べ物を紹介します。

おすすめの食べ物① 納豆

健康食材の代表ともいえる納豆はお腹いっぱいなのに食べたい時にピッタリ!
納豆の原料である大豆は「畑の肉」と呼ばれるほど高タンパクで、低脂質・低糖質。さらに食物繊維も豊富と、お腹いっぱい食べたい時におすすめのポイントをすべて満たした最強食材です。その上ビタミン、ミネラルなどたくさんの栄養が摂れるので、健康にも美容にも嬉しい!
少しクセのある味わいなので、食べた時にしっかりと味を感じやすく、満足感を得やすいです。低カロリーだから夜遅い時間に食べたくなった時にもおすすめですよ。

おすすめの食べ物② ゆで卵

卵は高タンパク・低脂質・低糖質なだけでなく、「完全栄養食品」と呼ばれるほど栄養満点!ビタミン・ミネラル類もバランスよく摂ることができます。ゆでることで卵のタンパク質がギュッと密に固まり食べ応えがアップするので、満腹感を得やすく、食べる量を抑えることにもつながりますよ。
コンビニでも手軽に手に入るしパっと食べられるので、オフィスなどで食べたい時にもおすすめです。

おすすめの食べ物③ 豆腐

豆腐の原料も納豆と同じく大豆なので、高タンパク、低脂質・低糖質。ボリュームがあるのでしっかり食べた感があり、満足感を得やすいです。温かい湯豆腐にすると、温かいものは胃に直接満足感を与えてくれるので食べたい気持ちを抑えやすくなりますよ。
そのままでも美味しく食べられますが、味にクセがなくいろいろな食べ物と合わせやすいので、納豆や卵と合わせて食べるのもおすすめです。

アレンジするのもおすすめ

お腹いっぱいなのに物足りない、まだ食べたい!という時は、しっかりと味を感じられるようにちょっとした料理にアレンジするのもおすすめ。豆腐は元がシンプルな味わいなので、様々な料理にアレンジできます。先述の納豆や卵の他、キムチをのせるだけでも味が変わって満足感を得やすいです。和風にも洋風にもできるから使い勝手がよく、豆腐グラタンや豆腐ハンバーグにすれば、ガッツリ感があるのにヘルシーに食べられる!味噌汁の具にプラスしても満足感を得やすくなりますよ。

おすすめの食べ物④ ヨーグルト

ヨーグルト

ヨーグルトは「お腹いっぱいなのに食べたい」時、デザート感覚で食べられます。
高タンパク・低脂質・低糖質なのに加え、腸内環境をサポートしてくれる乳酸菌が一緒に摂れますよ。フルーツやナッツなどをトッピングすると食物繊維やビタミン・ミネラルもプラスでき、より満足感を得やすくなるのでおすすめです。
余計なカロリーを摂らないよう、無糖・無脂肪タイプのヨーグルトを選びましょう。

おすすめの食べ物⑤ サラダチキン

サラダチキン

サラダチキンは食べ応えがあるので食べたい欲求をしっかり満たしてくれます。
鶏むね肉を使っているので高タンパク、低糖質なのはもちろん、脂質も少ないので満足いくまで食べても太りにくい!
コンビニのサラダキチンなら味の種類も豊富なのでいろいろな味を楽しめるのも嬉しいポイントです。

おすすめの食べ物⑥ わかめスープ

わかめはタンパク質は少ないものの、低脂質・低糖質で、食物繊維たっぷり!噛み応えがあるので、自然と噛む回数が増えて満足感を得やすいです。温かいスープにすれば、温かい飲み物は胃に直接満足感を与えてくれるので食欲が落ち着きやすくなります。
卵をプラスすればタンパク質も一緒に摂れて、より満足感を得やすくなるのでおすすめですよ。

おすすめの食べ物⑦ プロテインバー

プロテインバー

プロテインバーとは、プロテインバーとはタンパク質を摂るための栄養補助食品のこと。主にタンパク質だから食べても太りにくく、筋肉の材料となって痩せやすい体作りにも役立ちます。
チョコレート味やキャラメル味など、スイーツ感覚で食べられるものも多いから、お腹いっぱいなのに甘いものが食べたい!という時にも罪悪感なく食べやすいです。
商品によっては一緒に食物繊維が摂れるものもあるので、そういうものを選ぶと良いですよ。

栄養バランス最強!「SIXPACKプロテインバー」なら罪悪感なし

数あるプロテインバーの中でも特におすすめなのが「SIXPACK プロテインバー」。
国内トップレベルの高タンパクで、余計な脂質・糖質はしっかりカットされているから、お腹いっぱいなのに食べたい時にもピッタリです。
おすすめポイントは次の3つ。

  1. 1本20gの高タンパク
    「SIXPACK プロテインバー」は、1本に20gのタンパク質を配合。これは他のプロテインバーの1.5~2倍の多さで、国内トップクラスの多さです。食べても太りにくく痩せやすい体づくりに役立つタンパク質をより効率よく摂れますよ。
  2. 余計な脂質・糖質はカット
    さらに、余計に脂質・糖質は極限までカット!脂質4g、糖質5g(クランベリー味)と、格段に低く抑えられています。さらにクランベリー味なら食物繊維6gも摂れる!1本200kcal以下でヘルシーだから罪悪感なく食べやすいですよ。
  3. スイーツ感覚で手軽に食べられる
    ラインナップは「キャラメルピーナッツ」「チョコレート」「クランベリー」「チョコナッツ」の4種類。スイーツ感覚で食べられるから、お腹いっぱいなのに甘いものが食べたい!という時にもピッタリですよ♪

SIXPACKを詳しくみる

通販で20%OFF!お得に買おう

「SIXPACK プロテインバー」は通販でも購入OK。しかもお店で買うよりお得です!
UHA味覚糖公式健康・美容通販サイトなら、10個セットがなんと20%OFFで購入できます。
8個分の値段で10個買えて、2個もお得です。 送料無料で自宅まで届けてくれるから便利でラクチン♪
まとめ買いしてストックしておけば、買いに行く手間もなくいつでも食べられますよ。

まとめて購入はこちら

お腹いっぱいなのに食べたい時は、食べていいものを選んで食べよう

お腹いっぱいなのに食べたいと感じるのは、ストレスなどで食べることに満足できていないのかも。
そういう時は我慢しないで、食べるものをきちんと選んで食べてOK!太りにくいものや、栄養が摂れて体に良いものなど、ポイントを押さえて体に負担が少ないものを選びましょう。合わせて食べ方も工夫するとより太りにくくなるのでおすすめですよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

記事内容に関するお問い合わせ

記事内容に関するお問い合わせ

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、運営委託先のEPARKより改善結果をメールでご報告いたします。
お問い合わせ内容

貴重なご意見をありがとうございます
readcare(リドケア)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する