プロテインダイエットは運動なしでも痩せる?失敗しないやり方で痩せ体質を作る

公開日:2022-04-05
LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する
プロテインダイエットは運動なしでも痩せる?失敗しないやり方で痩せ体質を作る

プロテインダイエットが簡単で良いと聞いたことがある人も多いはず。でも、プロテインって運動をする人が飲むイメージがありませんか?運動しない人がプロテインダイエットをしたら逆効果になるかも…と不安に思っている方も多いのでは?

プロテインダイエットって、運動しない人がやっても痩せられるの!?

そんな疑問を徹底解説!
絶対成功するプロテインダイエットのやり方、プロテインダイエットで痩せる理由、運動したくない人におすすめのプロテイン活用法、痩せ体質を作る方法など、プロテインダイエットのすべてをお答えします!

プロテインダイエットは運動なしでも痩せられる!最強ラクちんダイエット法

そもそもプロテインダイエットとは?

クエスチョンマークと本

「プロテインダイエット」とは、1日3回の食事のうち1食をプロテインに置き換えたりする「置き換えダイエット」のひとつ。食事の代わりにプロテインを摂ることで、摂取カロリーを抑えてダイエットする方法です。

置き換えダイエットにはいろいろな方法がありますが、中でもプロテインを使った置き換えダイエットは、

  • 痩せやすい体質を作れる
  • 満腹感、満足感が得やすい
  • 美容にもいい

などの理由から、「無理なく綺麗に痩せられるダイエット法」と言われています。

プロテインダイエットは運動なしでもOK!痩せられる

いくら1食を置き換えるといっても、普段特に運動をしない人がプロテインを摂って太らない?と気になっている方もいるかもしれませんが、大丈夫!

運動しないでプロテインを摂っても、それだけで太ることはありません。

そもそもプロテインというのは「タンパク質」のことで、プロテインダイエットに使う飲むプロテインや食べるプロテインは、効率よくタンパク質を摂るための栄養補助食品です。
つまりプロテインダイエットとは【タンパク質を効率よく摂って痩せるダイエット法】なんです!

タンパク質は太りにくい栄養素

タンパク質は、むしろ運動しない人にこそ摂ってほしい栄養素です。
三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)の中で一番カロリーが低く脂肪に変わりにくいので、たとえ同じ量を食べたとしても、脂質や炭水化物が多いものを食べるより、タンパク質が多いものを食べた方が太りにくい!

そのため、運動量は関係なく「タンパク質を摂ること」はダイエットにとってもおすすめ。
プロテインを摂る=タンパク質を摂ることとほぼ同義なので、運動しない人がプロテインを摂ったからといって太るということはないのです。

プロテインダイエットは「摂取カロリー<消費カロリー」にできる

ダイエットで大切なのは1日のカロリーを【摂取カロリー<消費カロリー】にすること。
カロリーは活動のエネルギーになるので、摂取カロリーが少なければ代わりに体に蓄えたエネルギー(=脂肪)が消費されるため、余計な脂肪が燃えて痩せていきます。
つまり、運動なしでも【摂取カロリー<消費カロリー】にさえすれば痩せるんです!

【摂取カロリー<消費カロリー】にするには

  • 摂取カロリーを抑える
  • 消費カロリーを増やす

のどちらかができればOK。
このうち、運動なしだと消費カロリーを増やすことは難しいので、摂取カロリーを抑えることが重要になってきますが、プロテインダイエットは食事をプロテインに置き換えることで摂取カロリーを抑えられる!
だからプロテインダイエットは運動なしでも【摂取カロリー<消費カロリー】にして痩せられるというわけです。

ただ痩せるだけじゃない!プロテインダイエットの嬉しい2つの効果

プロテインダイエットはただ痩せるだけでなく、“キレイに”痩せることができるダイエット法!
一般的に、ダイエットで摂取カロリーを抑えようとして野菜や春雨など低カロリーなものばかり食べるといった食事制限をしようとすると、タンパク質が不足しやすいです。でもタンパク質は美しく痩せるために必要不可欠な栄養素。プロテインダイエットは余計なカロリーを抑えつつ美容・健康に欠かせないタンパク質をしっかり摂りながらダイエットできる!タンパク質をしっかり摂ることで、痩せやすい体を作ってリバウンドしにくくなるし、美肌・美髪にもつながり、よりキレイに痩せることができますよ。

① 痩せやすい体づくりに役立つ

女性の美しい背中

プロテインの主成分であるタンパク質は、食べても太りにくいだけでなく、基礎代謝を上げて痩せやすい体づくりにも役立ちます。
基礎代謝とは、心拍や呼吸、体温維持などのために使われるエネルギーのこと。寝ている間やじっと座っている間など、特に運動していない間にも常に消費されるため、基礎代謝が高いほど消費カロリーが増えて痩せやすくなります。
基礎代謝の中で一番多くのカロリーを消費してくれるのが筋肉なので、筋肉が多いほど基礎代謝がアップ。その筋肉の材料となるのがタンパク質です。そのため、プロテインで効率よくタンパク質を摂ることで、運動しない人でも筋肉の維持・増量に役立ち、基礎代謝を上げて痩せやすい体を作ることにつながるというわけ。基礎代謝が上がればダイエットの効率アップはもちろん、リバウンド防止にもつながりますよ!

② 美肌・美髪にもつながる

タンパク質は筋肉だけでなく肌や髪の毛の材料にもなるので、美しく健康的な肌や髪の毛を作るためにもタンパク質が欠かせません。
ダイエットのための食事制限でタンパク質が不足してしまうと、せっかく痩せられたとしても肌や髪の毛に元気がなくなってしまうこともあります。
でもプロテインダイエットなら、プロテインで余計なカロリーを抑えながらタンパク質をしっかり摂ることで、肌や髪の毛の健康を守りながらダイエットできますよ!

1食置き換えがおすすめ!プロテインダイエットのやり方

1日3食のうち1食をプロテインに置き換えよう

プロテインダイエットのおすすめのやり方は、食事のうちどこか1食をプロテインに置き換える方法。

置き換えるだけだからダイエットメニューを考える手間もないし、ほどよい満腹感も得られるから空腹を我慢しなくて良し。ストレスなくできるから気軽に続けやすいです。

先述の通り、痩せるためには1日のカロリーを【摂取カロリー<消費カロリー】にすることが大事。
1食をプロテインに置き換えることで、手軽かつ強制的に摂取カロリーを減らすことができるので【摂取カロリー<消費カロリー】にしやすく、ダイエットにつながりますよ。

夜?朝?おすすめの置き換えタイミング

食事 時間

1食置き換えって、いつの食事を置き換えるのが良いの?と思っている人もいるのでは?
置き換えのタイミングに決まりはないので、基本的には自分のやりやすい時でOK!
でもより効率よくダイエットするためにおすすめのタイミングもあるので紹介します。

おすすめタイミング① 夕食

できるだけ早く成果を出したい!という人は夕食を置き換えるのがおすすめ。
夕食は1日の食事の中で最も高カロリーになりやすいので、プロテインに置き換えることで大幅に摂取カロリーを抑えることができますよ。

また、夜は活動量が少なくなるためカロリーが消費されにくいだけでなく、体が蓄積モードになり体内に栄養を蓄えようとするため、夕食で摂ったカロリーは脂肪として蓄積されやすくなります。そのためダイエット中は夕食のカロリーはできるだけ抑えておきたいところです。ぜひプロテインを活用しましょう。

おすすめタイミング② 朝食

朝は食欲がない、少しでも寝ていたいなど、朝食を抜いている人は朝食代わりにプロテインを摂るようにしてみて!

一見、朝食を食べないことで摂取カロリーが抑えられるからダイエットに良いと思うかもしれませんが、大間違い!朝食を食べないと逆に太りやすくなってしまうんです。
朝食は1日の大事なエネルギー源。朝食を抜いてしまうとエネルギーが足りず、体が省エネモードになってカロリーを消費しにくくなってしまいます。

また、朝食を食べないと、前日の夕食から時間が空いてしまうため、空腹状態が長く続きますよね。長い空腹の後の食事はダイエットの大敵!血糖値が急上昇し、それを下げるために「インスリン」というホルモンが大量に分泌されるのですが、インスリンは血糖値を下げる際に糖を脂肪に変える働きがあるので、大量に分泌されるとたくさんの糖が脂肪に変わってしまうんです。

だからダイエットのためには朝食を抜かないこと!プロテインなら手間なく手軽に摂れるので、バタバタして時間がない時や食欲がなくてあまり食べられない時でも摂りやすいですよ。

おすすめタイミング③ 間食

食事を置き換えるのはやっぱりつらい…という人は間食を置き換えるだけでもOK!
今まで糖質や脂質が多いお菓子や菓子パンなどを食べていたところをプロテインに置き換えることで、糖質や脂質を抑えてタンパク質を増やせるので太りにくくなるし、摂取カロリーを抑えることができます。
プロテインはチョコレート味やキャラメル味など甘いものが多いから、間食には甘いものが食べたい!という人にもピッタリですよ。

選び方が重要!ダイエットにおすすめのプロテインを選ぶポイント

でもいざプロテインダイエットをしようと思っても、プロテインは種類が多すぎてどれを選んだら良いかわからない…とお困りの方も多いはず。
そんな方のために、ダイエットにおすすめのプロテインの選び方を解説します。
より効率よくダイエットするためにはプロテイン選びが重要!次の3つのポイントを意識して選びましょう。

  • タンパク質の多さ
  • 糖質・脂質が抑えられているか
  • プロテインのタイプ(形状)

ダイエットのためにはなるべくタンパク質が多く糖質・脂質ができるだけ低く抑えられたプロテインを選ぶのがおすすめ。また、プロテインには粉、ゼリー、バーなど様々なタイプがあるので、摂りやすさなどに合わせて選びましょう。

ポイント① タンパク質の多さ

タンパク質量イメージ

プロテイン選びで一番大事なポイントは、タンパク質の多さ!プロテインは商品によって含まれているタンパク質の量が異なります。1回分で20g摂れるプロテインもあれば、10gしか摂れないプロテインもあるのです。
選ぶべきは、タンパク質が多いプロテイン!タンパク質の量が少ないと、その分余計なカロリーを摂ってしまうことにもなるので、より効率よくタンパク質を摂るため、できるだけタンパク質量が多いプロテインを選びましょう。
少なくとも1回分で15g以上のタンパク質が摂れるものがおすすめですよ。

ポイント② 糖質・脂質が抑えられているか

角砂糖とメジャー

糖質・脂質の量も重要!商品によっては、美味しく摂れるように糖質・脂質がたっぷり含まれているプロテインもあります。もしそんなプロテインを選んでしまったら、効率よくタンパク質を摂っているつもりが、知らず知らずのうちに糖質・脂質を摂りすぎて太ってしまった、なんてことに…。ダイエットのためには糖質・脂質ができるだけ低く抑えられたプロテインを選びましょう。

ポイント③ プロテインのタイプ(形状)

プロテインバー

プロテインには、粉末を溶かして飲むタイプやゼリータイプ、バータイプなどがあります。
この中で、プロテインダイエットにおすすめなのはバータイプ!噛んで食べるから満腹感を得やすく、1食置き換えダイエットにピッタリです。空腹を我慢しなくて良いのでストレスなく続けやすい!
また、「噛む」こと自体がカロリーを消費するので、噛んで食べるバータイプのプロテインをよく噛んで食べることで、消費カロリーを増やすことにもつながりますよ。

プロテインダイエットには「SIXPACKプロテインバー」がおすすめ

数あるプロテインの中でも、特にダイエットにおすすめなのが「SIXPACK プロテインバー」。
国内トップレベルの高タンパクで、余計な糖質・脂質はしっかりカット。ダイエットに嬉しいポイントが詰まった1本です。
噛んで食べるバータイプだから、満腹感を得やすく、1食置き換えダイエットにもピッタリですよ。
おすすめポイントは次の3つ。

  1. 1本に20gの高タンパク
    「SIXPACK プロテインバー」は、1本に20gのタンパク質を配合。これは他のプロテインバーの1.5倍~2倍の多さです。太りにくく痩せやすい体作りに役立つタンパク質をより効率よく摂れるから、ダイエットをしっかりサポートしてくれますよ。
  2. 余計な糖質・脂質はカット
    さらに、余計な糖質・脂質はしっかりカット!糖質5g、脂質はたったの4g(クランベリー味)と、格段に低く抑えられています。1本200kcal以下と低カロリーでダイエットの心強い味方です!
  3. 美味しく手軽に食べられる
    ラインナップは「キャラメルピーナッツ」「チョコレート」「クランベリー」「チョコナッツ」の4種類。余計な脂質・糖質は抑えられているのに、スイーツ感覚で食べられるのも魅力です。ダイエット中に甘いものを我慢しなくて良いのは嬉しいですよね♪

SIXPACKを詳しくみる

通販で20%OFF!お得に買おう

「SIXPACK プロテインバー」は通販でも購入OK。しかもお店で買うよりお得です!
UHA味覚糖公式健康・美容通販サイトなら、10個セットがなんと20%OFFで購入できます。
8個分の値段で10個買えて、2個もお得です。 送料無料で自宅まで届けてくれるから便利でラクチン♪
まとめ買いしてストックしておけば、買いに行く手間もなくいつでも食べられますよ。

まとめて購入はこちら

運動なしでもOK!プロテインを活用してダイエットしよう!

プロテインダイエットは運動しない人にもおすすめ!手軽に続けやすく、確実に摂取カロリーを減らせるからダイエットにつながるし、リバウンドもしにくいです。さらに美肌・美髪にもつながるので、よりキレイに痩せたい人にも嬉しい!
ぜひプロテインダイエットで理想の体を目指しましょう!

記事内容に関するお問い合わせ

記事内容に関するお問い合わせ

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、運営委託先のEPARKより改善結果をメールでご報告いたします。
お問い合わせ内容

貴重なご意見をありがとうございます
readcare(リドケア)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する