【お菓子食べたい!】ダイエット中の欲望を叶える4つのポイント。太らないおやつ紹介

公開日:2021-11-01
LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する
【お菓子食べたい!】ダイエット中の欲望を叶える4つのポイント。太らないおやつ紹介

ダイエット中…でもお菓子が食べたい!太らないためにはどうしたらいい?

ケーキ食べたい女性

ダイエット中でもお菓子を食べたい時ってありますよね。
でも、お菓子を食べたら太ってしまうかも…と不安で我慢している人もいるのでは?
食べたいけど食べられない、でも食べたい…つらい!
とお悩みのあなた、安心してください。ダイエット中にお菓子を食べたい時は、無理に我慢しなくて大丈夫!
この記事では、ダイエット中にお菓子を食べる時のポイントや、ダイエット中にも食べてOKの太りにくいお菓子などを紹介します。

ポイントを守れば太らない!お菓子は我慢しなくてOK

お菓子は選び方や食べ方などのポイントを押さえて食べれば太りにくい!だからダイエット中も無理に我慢しなくて良いのです!
むしろ我慢しすぎるとストレスが溜まり、食欲が増進されたり、自律神経やホルモンバランスが乱れて太りやすくなるなど、逆効果になりかねません。
だからダイエット中のお菓子は「絶対に食べない」ではなく、太りにくいお菓子を選んだり、食べ方に気をつけたりなど「ポイントを押さえて食べる」のがおすすめ。ポイントさえ押さえれば、食べても太らないだけでなく、消費カロリーを増やしたり、痩せやすい体作りにつながるなど、ダイエットへのメリットも!
太りにくいお菓子の選び方や食べ方を身につけて、ダイエット中もお菓子を楽しみながらストレスなくダイエットしましょう。

ダイエット中にお菓子を食べる時のポイント

お菓子の選び方や食べ方を工夫すれば食べてOK!ポイントは4つ

ポイント 電球

ダイエット中にお菓子を食べるポイントは4つ!

  • 高タンパク低脂質なものを選ぼう
  • 食物繊維が摂れるものだとなお良し
  • 噛み応えがあるものを選ぼう
  • 食べる時間帯は10時頃か15時頃にしよう

ダイエット中のお菓子は、選び方や食べ方を工夫すれば食べてOK。タンパク質や食物繊維など、痩せやすい体作りに役立つ栄養素が摂れるお菓子や、噛み応えがあるものなど少量でも満足しやすいお菓子を選びましょう。また、食べる時間帯にも気を付けるとさらに太りにくくなりますよ。
ダイエット中にお菓子を食べる時のポイントについて、ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

ポイント① 高タンパク低脂質なものを選ぼう

ダイエット中にお菓子を食べるなら、高タンパク低脂質なお菓子を選ぶのがおすすめ。
タンパク質は三大栄養素(タンパク質・脂質・糖質)の中で一番脂肪に変わりにくい栄養素です。だから糖質や脂質が多いものを食べるより、タンパク質が多いものを食べた方が太りにくいというわけ。
また、タンパク質は筋肉の材料になり、痩せやすい体作りにも欠かせません。筋肉はたくさんのカロリーを消費してくれるので、筋肉が多いほど消費カロリーが増え、【摂取カロリー<消費カロリー】になりやすく、痩せやすい体になりますよ。
脂質は三大栄養素の中で一番脂肪に変わりやすいのでダイエット中はできるだけ避けましょう。

ポイント② 食物繊維が摂れるものだとなお良し

食物繊維は糖の吸収を遅らせたり腸内環境をサポートしてくれたりと、ダイエットに嬉しい働きがたくさん!だから食物繊維が摂れるお菓子ならダイエット中にもおすすめです。大豆を使ったお菓子や、こんにゃく・昆布系のお菓子は食物繊維が豊富!
食物繊維は糖の吸収を遅らせ、血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急上昇すると、それを下げるために「インスリン」というホルモンが大量に分泌されるのですが、このインスリンは血糖値を下げる際、糖を脂肪に変える働きがあるので、大量に分泌されるとたくさんの糖が脂肪に変わってしまい太りやすくなるのです。でも食物繊維はそれを防いでくれるというわけ。
さらに腸内で善玉菌のエサとなって腸内環境をサポートしてくれるので、ダイエットの大敵である便通の改善にもつながりますよ。

ポイント③ 噛み応えがあるものを選ぼう

ナッツや昆布系のお菓子など、噛み応えのあるお菓子もおすすめ。
よく噛んで食べることで、食欲を増進するホルモンが減少し、食欲を抑えるホルモンが増えるので、食べ過ぎを防ぐことができます。
また、「噛む」こと自体が、あごの筋肉を使うのでカロリーを消費します。つまり噛めば噛むほど多くのカロリーを消費できる!噛み応えのあるお菓子は自然と噛む回数が増えるので、食べるだけで消費カロリーを増やすことにつながるんです!
ダイエット中にお菓子を食べる時は、勢いよく食べずによく噛んでゆっくり食べることを意識するのも大切ですよ。

ポイント④ 食べる時間帯は10時頃か15時頃にしよう

お菓子を食べる時間帯もポイント。朝食と昼食の間の10時頃か、昼食と夕食の間の15時頃がおすすめです。食事と食事の間に食べることで、空腹の時間を短くできるメリットも。空腹が長く続くと、次の食事で一気に栄養を吸収しやすくなり、血糖値が急上昇しやすくなるため、太りやすくなります。空腹の時間が短くなると、血糖値の急上昇を抑えたり、食べ過ぎを防ぐことにもつながりますよ。
反対に、夜にお菓子を食べるのは避けましょう。夜は活動量も減るし、体が脂肪を溜め込みやすくなる時間帯なので、お菓子を食べてしまうと太る原因に。ダイエット中にお菓子を食べるなら、食事の間の10時頃か15時頃が良いですよ。

どれぐらいのカロリーなら食べてOK?低カロリーじゃないとダメ?

クエスチョンマークと本

とはいえ、やっぱりお菓子を食べると太りそう…
と不安を拭い切れない人もいるかもしれません。そういう人は、カロリーを意識してみて。
ダイエットのためには1日のカロリーが

【消費カロリー>摂取カロリー】

になればOK!お菓子を食べても【消費カロリー>摂取カロリー】になれば太りません。
間食で摂るカロリーは一般的に200kcalが目安と言われていますが、消費カロリーが多ければもっと食べても大丈夫ということ。反対に、消費カロリーが少なければもう少し控えめにするのがおすすめです。
お菓子のカロリーをチェックして、カロリーが高いものは小分けにして食べるなど、食事とのバランスも考えてカロリーオーバーにならないようにすることが大切ですよ。

ダイエット中でも太りにくい!食べてOKのお菓子はコレ

上でも紹介したように、ダイエット中のお菓子は

  • 高タンパク低脂質
  • 食物繊維が摂れる
  • 噛み応えがある

ものを選ぶのがおすすめ。
それらのポイントを押さえた、ダイエット中にもおすすめのお菓子を紹介します。

プロテインバー

プロテインバー

プロテインバーとは、効率よくタンパク質が摂れる栄養補助食品のこと。高タンパクなのはもちろん、脂質や糖質は抑えながらクッキーやブラウニーのようなスイーツ感覚で食べられるから、ダイエット中に甘いお菓子が食べたい時にピッタリです!
商品によって含まれるタンパク質の量や脂質・糖質の量が違うので、なるべく高タンパクで低脂質・低糖質のものを選びましょう。
食物繊維も摂れるプロテインバーもあるのでおすすめですよ!

おからクッキー

おからクッキーやおからせんべいなど、おからを使ったお菓子はダイエット中にもおすすめ。おからとは、豆腐を作るときに、大豆から豆乳を絞ったあとの残った部分のことで、もともとは大豆なので、高タンパク低脂質、食物繊維も豊富です!

ヨーグルト

ヨーグルトも低カロリーでタンパク質が摂れて、ダイエット中にピッタリ!お好みでドライフルーツなどをトッピングすれば、見た目も華やかになってよりスイーツ感覚で食べられるし、フルーツの食物繊維やビタミンなども一緒に摂ることができますよ。
特にタンパク質が強化されたものや、無脂肪タイプのヨーグルトを選ぶと良いでしょう。

カステラ

カステラには卵がたくさん使われているので高タンパク。バターを使わないのでケーキなどの洋菓子に比べて低脂質なものが多いのもダイエットに嬉しいポイントです。ただし糖質が多いので食べ過ぎには注意。1切れくらいにしておきましょう。

ナッツ

ナッツはキレイに痩せたい人にピッタリのお菓子!タンパク質や食物繊維の他、美容に嬉しいビタミン・ミネラル類も豊富で「天然のサプリメント」とも呼ばれています。噛み応えもあるから自然と噛む回数が増え、噛めば噛むほど消費カロリーもアップ!
ナッツの種類によって含まれる栄養が違うので、いろいろな種類のナッツが食べられるミックスナッツがおすすめ。余計なカロリーを摂らないよう、素焼きのものを選びましょう。
脂質も多いので食べ過ぎには注意です。

あたりめ

あたりめも高タンパク低脂質。硬く噛み応えがあり、たくさん噛む必要があるので自然とカロリーを消費しやすいです。また、乾物なので胃の中で水分を吸収して膨らみ、少量でも満腹感を得やすく、食べ過ぎを防いでくれますよ。

酢昆布

酢昆布は食物繊維が豊富で、噛めば噛むほど味が出るので自然と噛む回数も増えやすい!しかも1箱(15g)24~26kcalと超低カロリーなのもダイエットに嬉しいポイントですよ。

「SIXPACK プロテインバー」がおすすめ

ダイエット中にお菓子が食べたい時、特におすすめなのが「SIXPACK プロテインバー」。
国内トップレベルの高タンパクで、余計な脂質や糖質は極限までカットされた優れものです。
おすすめポイントは次の3つ。

  1. 余計な脂質・糖質は極限までカット
    「SIXPACK プロテインバー」は、余計な脂質・糖質を極限までカット!脂質4g、糖質5g(クランベリー味)と、他のプロテインバーと比べても格段に低く抑えられています。
    もちろんカロリーも低く、1本200kcal以下だからダイエット中にも罪悪感なく食べやすい!
  2. 1本20gの高タンパク&食物繊維6gも摂れる
    さらに、1本にタンパク質を20gも配合。これは他のプロテインバーの1.5~2倍、国内トップレベルの多さです!食べても太りにくく、痩せやすい体作りにも役立つタンパク質をたくさん摂れるから、ダイエットをしっかりサポートしてくれますよ。
    さらにクランベリー味なら食物繊維6gも摂れて、まさにダイエットの心強い味方です!
  3. スイーツ感覚で美味しく食べられる
    ラインナップは「チョコレート味」「キャラメルピーナッツ味」「クランベリー味」に加え、今注目の成分「MCTオイル」を配合した「KETO Dietサポートプロテインバー チョコナッツ味」の計4種類。スイーツ感覚で食べられるから、ダイエット中に甘いお菓子が食べたくなった時にもおすすめですよ。

SIXPACKを詳しくみる

通販で20%OFF

「SIXPACK プロテインバー」を買うなら通販が断然お得!
UHA味覚糖公式健康・美容通販サイトなら、10個セットがなんと20%OFFで購入できます。
8個分の値段で10個も買えて、自宅まで届けてくれるからラクチン。しかも送料無料です!

まとめて購入はこちら

ダイエット中もお菓子OK!ポイントを押さえて上手に食べよう

ダイエット中にお菓子を食べたい時は、我慢しないで食べてOK。
食べるお菓子の種類や、食べる時間帯などに気をつければ、食べても太りにくいし、ダイエットにメリットもあります。
ポイントを押さえて、ダイエット中も上手にお菓子を楽しみましょう。

記事内容に関するお問い合わせ

記事内容に関するお問い合わせ

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、運営委託先のEPARKより改善結果をメールでご報告いたします。
お問い合わせ内容

貴重なご意見をありがとうございます
readcare(リドケア)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する