食べてないのに太る…なぜ?たった2つの原因と痩せ体質になれる食事も

公開日:2021-06-09
LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する
食べてないのに太る…なぜ?たった2つの原因と痩せ体質になれる食事も

食べてないのに太る…なんで?どうしたら良いの?

食べる量を抑えているのに、なぜか太ってしまう。以前と食べる量は変わってないのに太りやすくなった。
食べ過ぎて太るのは分かるけど、食べてないのに太るなんて…どういうこと?何とかしたい!なんてお悩みの方はいませんか?
食べてないのになぜか太る…という人は、栄養バランスや食べ方が「太りやすい体」を作っているのかも!太りにくい体を作りには、必要な栄養をきちんと摂り、食べるものや食べ方を工夫することが大切。実はとっても単純なんです!
この記事では、食べてないのに太る原因をはじめ、食べても太らない食べ方などを細かく解説!痩せやすい体になりたいと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

食べてないのに太る原因

食べてないのに太るのは、栄養不足や食べ方が原因かも

食べてないのになぜか太る…という人は、栄養不足だったり、食べ方が良くないのかも。
きちんと栄養を摂れていないと、脂肪を溜め込みやすくなったりカロリーを消費しにくくなったりして太りやすい体になってしまいます。また、食べる量は少なくても、太りやすい食べ方をしてしまっているのかもしれません。食べるものや食べるタイミング、食べ方などを見直してみて!

原因① 必要な栄養が摂れていない

野菜不足 サプリ トップ

極端に摂取するカロリーを減らしたり、間違った断食などをしていませんか?食べる量が少なかったり、カロリーを抑えすぎたりして必要な栄養が摂れていないと、太りやすい体になる原因に!
はるさめスープやこんにゃくゼリー、もずくなど、低カロリーなものばかり食べたり、太るイメージのある炭水化物を抜いたり、毎日野菜だけなど無理な食事制限をしていませんか?よかれと思って頑張っているダイエットで、逆に太りやすくなっている可能性が…。「食べたら太る」という強迫観念にかられているダイエッターたち、今すぐその考えは無くして!

「食べたら太る」は間違い!「食べないと太る」可能性も

「食べたらその分太る」という気持ちはとても分かるのですが、大きな間違い。
そもそも痩せる仕組みというのはとても単純。

摂取カロリー<消費カロリー

1日のうちで、摂取するカロリーよりも、消費するカロリーの方が多ければ痩せるのです。

消費カロリーを増やすことが痩せるカギ!

カロリーを燃やすイメージ

極端に摂取するカロリーを少なくしてしまうと、体が「飢餓状態」だと判断してしまい、エネルギー源として体に脂肪を溜め込もうとするため、カロリーを消費しにくくなってしまいます。
摂取カロリー<消費カロリーにしたいのに、消費カロリーが少なくなってしまってはなかなか痩せづらくなってしまいますよね。
これが少しのカロリーしか摂ってないのに太る原因!
痩せるためには、摂取カロリーを抑えることよりも消費カロリーを増やした方がいいのです!

筋肉量が増えれば消費カロリーも増える

女性のメリハリボディ

消費カロリーを増やす一番の方法は「筋肉量を増やす」こと!筋肉量が増えれば、基礎代謝が上がります。
基礎代謝とは、呼吸や心拍、体温維持などのために使われるエネルギーのこと。寝ている時やじっと座っている時でも常に消費されているので、基礎代謝が高いほど1日で多くのカロリーが消費されるのです。

摂取カロリーを抑えてエネルギーが足りなくなると、筋肉を分解してエネルギーを作り出そうとするため筋肉の減少につながってしまいます。筋肉が落ちると基礎代謝が低くなるため、消費カロリーも少なくなる!
それを防ぐために、必要な栄養はしっかり摂った方が、痩せやすい体につながるのです。

原因② 太りやすい食べ方をしている

食べるタイミングも太りやすさを左右する大事なポイント!
1日1食しか食べていない、朝食を抜いているなど、偏ったタイミングでのみ食事をしていませんか?それ、もしかしたら太る原因になっているかも!
食事を抜いてしまうと、空腹が長く続くことになり、次の食事で血糖値が上がりやすくなってしまいます。血糖値が急上昇すると「インスリン」というホルモンが大量に分泌されるのですが、インスリンは糖を脂肪に変える働きがあるので、大量に分泌されると脂肪が増えて太りやすくなってしまうんです。
また、食べるものも大事なポイント。
1日1食などにして摂取カロリーを減らしたとしても、そこで脂質が多いものを食べていたら要注意!はるさめなどの低カロリーなものだけというのも先述の理由で良くないのですが、脂質は脂肪に変わりやすいので、脂質が多いパスタやパン、揚げ物を食べるのは控えましょう。

安心してOK!食べても太りにくい食事のポイント

食べ方を工夫すれば、太らない!

先述の通り、極端に食べないことは逆に痩せにくくなることにつながります。でも、「食べたら太るじゃん!」と思っている方もいますよね?もちろん、それもその通り。
太らない食べ方には、ポイントがあります!そのポイントさえ押さえれば、食べながら痩せ体質を目指すことができるんです。

ポイント① タンパク質を多く摂ろう

太らない食事の一番のポイントは、タンパク質を多く摂ること!
タンパク質は三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)の中で一番脂肪に変わりにくい栄養素。糖質や脂質を摂るよりも、タンパク質を多く摂った方が同じカロリーでも太りにくいというワケ。筋肉の材料になるので、基礎代謝を上げて痩せやすい体を作るためにも欠かせません。
つまり、タンパク質はしっかり食べた方が痩せやすくなるんです。だからタンパク質を摂らないのはもったいない!

タンパク質・脂質・炭水化物のバランスを整えよう

タンパク質(P)・脂質(F)・炭水化物(C)のバランスは「PFCバランス」といって、食べても太りにくくするための大事なポイント!摂ったカロリーのうち、この3つの栄養素が占める割合を表します。このPFCバランスを整えることによって、食べても太りにくい食事になるだけでなく、栄養の偏りを防ぎ、健康的なダイエットにもつながるんです。
食べても太らない食事にするためには、タンパク質を多く、脂質を少なくすることがカギ。先述の通りタンパク質は三大栄養素の中で一番太りにくく、逆に一番太りやすいのが脂質です。だから太りにくいタンパク質を多く、太りやすい脂質を少なくすることで、食べる量を減らさなくても自然と太りにくい食事になるんです。炭水化物は太るイメージがあることから避けている人も多いかもしれませんが、脂肪を燃やすためのエネルギー源になる大切な栄養素なので、極端に減らさなくてOK!
タンパク質:3~4割、脂質:1~2割、炭水化物:4~6割くらいのバランスにするのがおすすめですよ。

タンパク質はこまめに摂ろう

タンパク質はこまめに摂ることがポイント。体が一度に吸収できる量には限りがあるので、一度にたくさん摂っても全てが吸収されるとは限らないからです。吸収されなかった分は体外に排出されてしまうのでもったいない!だからタンパク質は回数を分けて摂る方が効率的。「朝食で摂ったから今日はもう十分!」ではなく、朝食、ランチ、夕食と、こまめに摂ることで、基礎代謝アップにつながり、太りにくくなりますよ。

ポイント② 脂質・炭水化物は時間帯や食べるものを選ぼう

脂質や炭水化物も、実は基礎代謝を上げて消費カロリーを増やすために摂りたい栄養素。どちらも活動するための大事なエネルギー源になります。エネルギー源がないと脂肪を燃やすためのエネルギーも作れないため、足りていないと結局脂肪が燃えにくい体に!さらに糖質がない代わりに筋肉をエネルギー源として使おうとするため、筋肉が分解されて減ってしまい、代謝が落ちて逆に痩せにくくなってしまうんです。
なので「全く摂らない」のではなく、「どう摂るか」が大事!
食べても太りにくい体を作るため、脂質や炭水化物は摂る時間帯や食べるものを選んで摂るようにしましょう。

炭水化物は食物繊維が多いものを選んで摂ろう

雑穀米

炭水化物は太ると思ってひたすら我慢していませんか?それ、もったいない!
実は、炭水化物はすべてが太りやすいわけではないんです。ポイントを押さえて食べれば、むしろダイエットの効率をあげてくれる味方なんです。
炭水化物を摂る時のポイントは、食物繊維と一緒に摂ること。詳しくは後述しますが、食物繊維と一緒に摂ることで太りにくくなるんです。なのでご飯なら白米よりも玄米や大麦、パンならライ麦パン、パスタなら全粒粉のものなど、食物繊維が豊富なのものを選んで食べましょう。

脂質は朝食かランチに摂るのがおすすめ

脂質は摂る時間帯がカギ!脂質は胃が消化・吸収するまでに9時間くらいかかるため、腹持ちが良いというメリットがあります。だから朝食やランチに摂るのがおすすめ。その後の間食防止にも役立ちますよ。夜は体が脂肪を溜め込もうとするので、夕食に脂質を摂るのは避けましょう。
また、ひとくちに脂質と言っても、揚げ物やジャンクフードよりも、魚やナッツ類、アボカド、オリーブオイルなどの良質な油から摂るように心がけて!より太りにくく、美容・健康にもつながりますよ。

ポイント③ 食物繊維たくさん摂ろう

食物繊維は食べても太らない食事の強い味方!糖の吸収を遅らせる働きがあり、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。先述の通り、血糖値が急上昇すると「インスリン」というホルモンが大量に分泌されて太りやすくなりますが、食物繊維を摂ることで、糖の吸収を送らせて血糖値の上昇緩やかにし、インスリンの分泌を抑えてくれるのです。食物繊維は野菜や海藻、きのこ類などに多く含まれているので、たっぷり摂りましょう!

食べる順番も意識しよう

食べる順番もポイント。「ベジファースト」という言葉を聞いたことがある人も多いかもしれませんが、食事の最初に野菜などで食物繊維を摂るのがおすすめ!
最初にサラダなどで食物繊維を摂って、次に肉や魚、卵などのタンパク質、最後にご飯などの炭水化物を食べるようにすると、より効率よく食物繊維が働いて、糖の吸収を遅らせ、インスリンの分泌を抑えて太りにくくなりますよ。

ポイント④ 3食きちんと食べよう

食事中の若い女性

先述の通り、1日1食しか食べていない、朝食を抜いているなど、偏ったタイミングでの食事は太りやすくなる原因に!
食事を抜いてしまうと次の食事を摂った時に血糖値が急上昇しやすくなり、インスリンが大量に分泌されて太りやすくなってしまいます。だから食事を抜くよりも、3食食べた方が太りにくいんです。ポイントを押さえれば食べても太らないし、痩せやすい体作りにつながるので、1日3食きちんと食べましょう!

プロテインを活用するのもおすすめ

とはいえ、朝は食欲がない、昼は忙しくて食事を摂る時間がない、夜遅い時間に帰宅してから夕食を食べるのは抵抗がある、など、3食きちんと食べるのは難しいこともありますよね。
そんな時は、プロテインを活用するのもおすすめです。
プロテインとは、タンパク質を効率よく摂るためのサプリメントのようなもの。調理の手間もなく食事を摂るより手軽に摂れるから、時間や食欲がない時でも摂りやすいんです!

「SIXPACK プロテインバー」がおすすめ

SIXPACK プロテインバー3種類

数あるプロテインの中でも特におすすめなのが「SIXPACK プロテインバー」。
国内トップレベルの高タンパクで、しかも低糖質・低脂質!太りにくく痩せやすい体を作るのに欠かせないタンパク質をより効率よく摂ることができます。
おすすめポイントは次の3つ。

  • ① 1本20gの高タンパク
    「SIXPACK プロテインバー」の魅力は、なんと言っても含まれているタンパク質の多さ!
    1本でなんと、他のプロテインバーの1.5~2倍も多くのタンパク質(20g)を摂ることができるから、痩せやすい体作りをしっかりサポートしてくれますよ。
  • ② 余計な糖質・脂質はカット
    さらに、余計な糖質や脂質は大幅カット!糖質5g、脂質はたったの4g(クランベリー味)と、他のプロテインバーと比べても格段に低く抑えられています。さらにクランベリー味は食物繊維6gも摂ることができるから、まさにダイエットの強い味方!
  • ③ 手軽に美味しく食べられる
    ラインナップは「キャラメルピーナッツ味」「チョコレート味」「クランベリー味」の3種類。スイーツ感覚で食べられます。噛んで食べるから満腹感を得やすく、朝食代わりや間食にもピッタリです。

SIXPACKを詳しくみる

通販なら20%OFF!

10個セットが20%OFF クランベリー味

「SIXPACK プロテインバー」を買うなら通販が便利でお得!
UHA味覚糖公式健康・美容通販サイトなら、10個セットがなんと20%OFFで購入できます。
8個分の値段で10個も買えて、自宅まで届けてくれるからラクチン。しかも送料無料です!!

まとめて購入はこちら

食べてないのに太る人は、栄養バランスや食べ方を見直してみよう

フォークをくわえる女性

食べてないのに太る人は、食べていないことで必要な栄養が摂れず、太りやすい体になっていたり、太りやすい食べ方をしてしまっているのかも。栄養バランスや食べ方を見直して、ダイエットや健康に活かしましょう。

記事内容に関するお問い合わせ

記事内容に関するお問い合わせ

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、運営委託先のEPARKより改善結果をメールでご報告いたします。
お問い合わせ内容

貴重なご意見をありがとうございます
readcare(リドケア)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する