子供のビタミンD不足に注意!4つの理由解説|食べ物やサプリ紹介。献立も

公開日:2021-08-04
LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する
子供のビタミンD不足に注意!4つの理由解説|食べ物やサプリ紹介。献立も

ビタミンDは子供の骨や筋肉の成長に必要な栄養素

子供 プロテイン イメージ

ビタミンDは、骨や筋肉の成長に欠かせない栄養素!子供の健やかな成長をサポートするためには、不足させずにしっかりビタミンDを摂取することが大切です。
この記事では、子供にとってのビタミンDの役割や、効率のよい摂り方などを解説!ビタミンD不足になりやすい原因や対策なども合わせてご紹介します。ビタミンDの働きや摂り方を知って、子供の健やかな成長のため不足させないようにしっかり摂りましょう!

ビタミンD不足の子供が増加中。注意しよう

丈夫なカラダのために欠かせないビタミンDですが、実は昨今、ビタミンD不足の子供が増えているんです。それには現代の生活習慣や食生活が大きく影響しています。
ビタミンDが不足しやすい原因は主に2つ。

  • 過剰な紫外線対策
  • 魚食離れ

ビタミンDは日光(紫外線)を浴びることで体内で生成されますが、最近は室内で過ごすことが多かったり、帽子や日焼け止めなどで紫外線を避けたりして紫外線を浴びる機会が減っているため、体内で十分なビタミンDが生成されず不足してしまうのです。また、ビタミンDは魚類に多く含まれていますが、最近では魚離れが進み、魚を食べる習慣がない子供が増えていることもビタミンDが不足する原因に。
ビタミンDは骨や筋肉の成長に関わり、丈夫なカラダのために欠かせない栄養素なので、健やかな成長のために意識してしっかり摂ることが大切ですよ。

子供にビタミンDが必要な理由

ビタミンDは丈夫なカラダに欠かせない栄養素

ビタミンDには丈夫なカラダをサポートしてくれる働きがたくさん!骨や歯の材料となるカルシウムの吸収を促進したり、筋肉の材料になるタンパク質を筋肉内に取り込むサポートをしてくれたりと、骨や歯、筋肉を強くするために欠かせません。また、肌のバリア機能や免疫機能にも関わります。不足すると、骨が軟らかくなって形が変わってしまったり、免疫力の低下などにつながるので、子供の健やかな成長のため、しっかり摂ることが大事です。

ビタミンDの働き① カルシウムの吸収を促進

child milk

ビタミンDの主な働きは、カルシウムの吸収をサポートすること。カルシウムは丈夫な骨や歯を作るために欠かせませんが、体内に吸収されにくいのです。でもビタミンDが体内に十分にあることで、カルシウムの吸収を促進し、強い骨や歯を作ることにつながりますよ。

ビタミンDの働き② 筋肉の成長をサポート

サッカー少年 背中

ビタミンDは筋肉作りもサポート。筋肉の材料となるタンパク質を筋肉内に取り込まれやすくしてくれるので、タンパク質と一緒にビタミンDもしっかり摂ることで、筋肉の成長に役立ちます。

ビタミンDの働き③ 肌のバリア機能を守る

ビタミンDは子供の肌を守るためにも摂りたい栄養素。細菌やウイルスを撃退する「抗菌ペプチド」を皮膚上に作らせる働きがあるので、肌を細菌やウイルスから守り、肌トラブルの緩和が期待できます。

ビタミンDの働き④ 免疫機能を調節

ビタミンDには免疫機能を調節する働きがあると言われています。体内にウイルスや細菌が侵入した際に、過剰な免疫反応を示さないよう、不要な免疫反応を抑制し、必要な免疫機能を促進。ビタミンDをしっかり摂ることでウイルスや細菌に対する免疫機能サポートが期待されています。

ビタミンDを不足させないためには

ビタミンDを摂る方法は2通り

ビタミンDを摂る方法は2通りあります。他のビタミンと違い、ビタミンDは食べ物で摂る以外にも、体内で生成することができるのです。不足させないためには、外からと中からと、どちらからでも摂れるように意識していきましょう。

① 日光を浴びる

ビタミンDは日光(紫外線)を浴びることで、体内で生成されます。紫外線によるダメージが心配かもしれませんが、少しの太陽は丈夫な体作りのために大切なんです!
どうしても気になる場合は、朝の早い時間や、暑い夏なら日陰でもOKなので、少しお日様に当たってみましょう。他の部位より日焼けしにくい手のひらを日光に当てるのもおすすめですよ。

② 魚やきのこを食べる

ビタミンDは他のビタミンと違って野菜や果物にはほとんど含まれず、魚やきのこ類に多く含まれています。定期的に魚を食べるようにしたり、きのこならいろいろな料理に合うので、味噌汁の具にしたり、野菜炒めに加えたりと、意識して食事に取り入れるようにしましょう。

おすすめ献立

  • ご飯
  • 鮭の塩焼き
  • 小松菜としらすのおひたし
  • 豆腐の味噌汁

ビタミンDを摂るには、メインのおかずは魚がおすすめ。1日1食は取り入れられるように意識してみてください。また、ビタミンDはカルシウムやタンパク質と一緒に摂ることが大事ですが、魚のおかずならタンパク質も豊富です。副菜や味噌汁の具でカルシウムが摂れるようにすると良いでしょう。この例では、豆腐、小松菜、しらすにカルシウムが多く含まれているので、丈夫な体作りにつながりますよ。

脂質と一緒に摂ると吸収率アップ

ビタミンDは油に溶けやすい脂溶性のビタミンなので、脂質と一緒に摂ることで吸収率がアップできます。炒め物にしたり、オリーブオイルやエゴマ油、アマニ油などの良質なオイルをかけて食べると、より効率よくビタミンDを摂ることができますよ。

サプリなどを活用するのもアリ

ビタミンDの補給にはサプリを活用するのもアリ。子供はまだ食べられる量が少なかったり、天気が悪い日が続いてなかなか日光を浴びる機会が無かったりして、ビタミンDを摂りにくいこともありますよね。サプリなら手軽に摂れるし、摂取量も分かりやすいから便利です。おやつ感覚で食べられるサプリなら、毎日のおやつで簡単に栄養が摂れますよ。

「肝油」がおすすめ

子供の栄養補給には「肝油」がおすすめ。肝油とは魚の肝臓からとれる油のことで、ビタミンAとビタミンDが豊富に含まれています。戦後の栄養不足を補う目的で学校などでの配布が推進されるなど、子供の成長に欠かせない栄養素を補うためのサプリのようなもの。ドロップやグミなどに加工されたものが多いので、おやつ感覚で食べられて、子供の栄養補給にピッタリなんです!

「UHAグミサプリKIDS」がおすすめ

子供の成長に欠かせない栄養素の補給には、「UHAグミサプリKIDS」が便利!
子供向けに作られているから、子供に嬉しいポイントがたくさんあるんです!

  • グミだから子供も食べやすい
  • 子供も成長に欠かせない栄養素が摂れる
  • おやつ感覚で続けやすい

「UHAグミサプリKIDS」は、子供でも食べやすいグミタイプのサプリです。深海鮫由来の肝油を配合し、1日5粒でビタミンD 4.5μg、ビタミンA 600μgを摂ることができます。ビタミンC 55mgとビタミンE 5.5mgも配合。よりバランスよく栄養が摂れるようサポートしてくれますよ。さらにブルーベリーヨーグルト味とストロベリーヨーグルト味で美味しいから、おやつ感覚で続けやすい!

UHAグミサプリを詳しくみる

通販が便利でお得

「UHAグミサプリKIDS」は通販でも購入OK!
UHA味覚糖公式健康美容通販サイトなら、「UHAグミサプリKIDS」20日分5袋セットがなんと20%OFFで購入できます。
スマホやパソコンで簡単に注文できるから、仕事や家事、子育ての合間に購入できるし、自宅まで届けてくれるからラクチンですよ♪

まとめて購入はこちら

ビタミンDをしっかり摂って子供の成長をサポートしよう

ビタミンDは丈夫なカラダをサポートしてくれる、子供の健やかな成長のために欠かせない栄養素。でも意識しないと不足しやすい栄養素なので、サプリなども活用しながら上手に摂って、子供の成長をサポートしましょう!

記事内容に関するお問い合わせ

記事内容に関するお問い合わせ

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、運営委託先のEPARKより改善結果をメールでご報告いたします。
お問い合わせ内容

貴重なご意見をありがとうございます
readcare(リドケア)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する