断食で痩せない原因は?3つの間違いポイント&痩せ体質を作るやり方解説!

公開日:2021-05-06
LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する
断食で痩せない原因は?3つの間違いポイント&痩せ体質を作るやり方解説!

断食しても痩せない!なんで?

頑張って断食しているけど…思うように痩せない!なんで?そんな風に焦っている方はいませんか?
もしかするとその断食のやり方、間違っているのかも!
断食は、始める前の準備や期間設定、断食中の栄養補給など、ポイントを押さえて正しく行うことが大切!しっかりポイントを押さえて行えば、痩せやすい体を作り、ダイエットにつながりますよ。
この記事では、断食で痩せない原因や、痩せ体質を作る断食のやり方を徹底解説!断食のポイントを知って、痩せ体質を手に入れましょう!

断食で痩せない理由

準備期間、期間設定、栄養補給がきっちりできていないのかも!

断食で痩せるには、始める前の準備や、断食の期間、断食中の栄養補給など、ポイントを押さえて正しく行うことが大事!
「昨日食べ過ぎたから今日から断食する!」といきなり始めたり、「断食は長く続ければ続けるほど痩せられる」と思って、何週間、何ヶ月と続けようとしたり、「断食中は何も食べないし何も飲まない」と絶食したりしていませんか?
断食は、始める前にしっかり準備をして、短期間で、必要な栄養は摂りながら行うことが、痩せやすい体を作るポイントなんです!

やり方を見返してみよう!

断食しても痩せないのは、ポイントを押さえた断食ができていないのかも。間違いやすいポイントを紹介していくので、自分のやり方を見直して、実践してみてくださいね。

間違いやすいポイント① 準備期間なく断食を始めている

食べ過ぎた日や、普段通りの食事を摂った翌日から急に断食を始めたりしていませんか?
断食の前には、準備食といって、通常の食事から断食に移行するためのウォーミングアップのようなものが必要です。
いきなり断食を始めると、摂取カロリーが急激に減ったことに体が驚いて、生命の危機を感じます。すると少ないエネルギーでも生きていけるようにと、体が省エネモードになり、カロリーを消費しにくく、脂肪をためやすい体になってしまうのです。つまり、準備食を摂らずにいきなり断食を始めると、痩せるどころか太りやすい体になってしまうということ!

POINT 断食前は低カロリーで体にやさしい食事を摂ろう

断食前には準備食で体を慣れさせることが大事!断食しても体がびっくりしないように、食事の量や摂取カロリーを少しずつ減らしていきましょう。最初は蕎麦や大豆製品など、普通の食事に近いけれど低カロリーなものがおすすめ。その後おかゆのような柔らかいもの、具なしの味噌汁などの汁物へと移行していくイメージです。3日間の断食をするなら、準備食も3日間と、断食期間と同じ日数かけて行いましょう。

間違いやすいポイント② 断食期間が長すぎる

断食期間が長いほど痩せられる!と思っている人もいるかもしれません。
でも、長すぎる断食は逆効果。最初は体重が落ちたけど、だんだん落ちなくなってきた…という人は、断食期間が長すぎるのかも。断食を長く続けていると、体が省エネモードになって痩せにくくなってしまいます。

POINT 断食期間は1日~でOK

断食期間は1~3日程度の短期間でOK。断食の本来の目的は胃腸を休めて体をデトックスすることなので、何週間、何ヶ月と続けなくても十分なんです!
断食を長く続けるよりも、週末断食のように、短い断食を繰り返し行うことで、定期的に胃腸を休めて体のデトックスにつながるのでおすすめですよ。

間違いやすいポイント③ 完全に絶食している

断食というと何も食べない、何も飲まない、というストイックなイメージを持っている人もいるかもしれません。でも、断食で痩せたいなら、必要な栄養素は摂りながら行うのがおすすめ。
全く栄養を摂らないと、エネルギー源として筋肉が分解されてしまいます。筋肉が多いほどたくさんのカロリーを消費できるので、筋肉が分解されて減ってしまうと、消費カロリーが減って痩せにくくなってしまうのです。

POINT ドリンクやサプリを活用しよう

断食中は、ドリンクやサプリを活用するのがおすすめ。食事は摂らずに必要な栄養を補給することができます。酵素ドリンクやスムージー、プロテインなどを使う人が多いです。腹持ちも良いので断食中の空腹感の軽減にも役立ちますよ。
また、断食がつらい人は、1日3食のうち1食だけをドリンクに置き換えるプチ断食などの方法もありますよ。

実は体重は落ちにくいことも。気にしなくてOK!

okサイン イラスト

とはいえ、断食ですぐに体重が落ちなくても、そこまで焦らなくて大丈夫。
断食は、食べないことで摂取カロリーを抑えて痩せると思われがちですが、本来の目的は、胃腸を休めて体をデトックスすること。体重を減らすことが目的ではないので、すぐに体重が落ちないこともあるのです。
断食で胃腸を休めることで、消化に使うエネルギーを体の他の働きに回すことができ、体の本来の機能を回復。それが代謝アップにつながり、痩せやすい体にもつながります。
また、断食によって味覚がリセットされたり、普段の食生活を見直すきっかけになり、結果的にダイエットにつながるのです。

痩せ体質を作ることを意識しよう

断食は摂取カロリーを抑えて痩せるというメリットもありますが、それよりも、痩せやすい体を作ったり、食生活を見直すための手段と考えるのがおすすめ。
正しい方法で行えば、痩せやすい体作りや、食生活の改善になり、ダイエットにつながります。だから体重ばかり気にせず、ポイントを押さえて正しい方法で行うことを心がけましょう。

痩せ体質を作る断食のやり方

4つのポイントを押さえよう!

ここまで説明してきた通り、断食で痩せるには、ポイントを押さえて行うことが大事です。
気をつけたいポイントは4つ。

  1.  準備期・断食期・回復期の3段階に分けて行うこと
  2. 準備食では体にやさしい食事で断食に備えよう
  3. 断食中はドリンクやサプリで栄養補給しよう
  4. 回復食では消化に良いものを食べよう

これらのポイントを押さえて行えば、痩せやすい体を作り、ダイエットや美容・健康へのメリットも大きくなりますよ。

ポイント① 準備期・断食期・回復期の3段階に分けて行おう

断食はいきなり始めていきなり終わるのではなく、前後に準備期間と回復期間を作りましょう。どちらも断食期と同じ日数をかけて、徐々に体を慣らしていくことが大事です。
準備食を摂らずにいきなり断食を始めると、太りやすくなるだけでなく、空腹感が大きくなるので精神的にも苦しくなります。また、断食後回復食を摂らずにいきなり普通の食事に戻してしまうと、リバウンドしやすく、消化不良など体の不調にもつながります。
リバウンドや体への負担を軽減するためにも、準備食と回復食をしっかり摂ることが大事です。

ポイント② 準備期は体にやさしい食事で断食に備えよう

準備食とは断食に向けて体を慣らしていくための食事のこと。いきなり断食を始めると体への負担も大きいので、体がびっくりしないように、断食期間と同じ日数をかけて、普段の食事から流動食、汁物へ、高カロリーから低カロリーへと移行していくイメージで行います。
大豆製品や野菜、きのこ類など、昔ながらの体にやさしい食材を中心としたメニューがおすすめです。

おすすめの準備食

  • おかゆ
  • そば
  • 野菜スープ、味噌汁
  • ごまあえ
  • 豆腐、納豆などの大豆製品

ポイント③ 断食期はドリンクやサプリで栄養補給しよう

先述の通り、断食期は飲まず食わずではなく、必要な栄養素は摂りながら行うのがおすすめ!期間は1~3日程度の短期間でOKです。
方法は、いつもの食事をドリンクやサプリに置き換えるだけ。酵素ドリンクやスムージーを摂る人も多いですが、痩せ体質を作るには、プロテインがおすすめです。詳しくは後述しますが、プロテインは痩せ体質づくりはもちろん、メリハリボディや美肌・美髪も目指せる、美容に嬉しいアイテムなんです!

ポイント④ 回復期は消化に良いものを食べよう

断食後の回復期は、柔らかいもの、温かいものなど消化に良い食事がおすすめです。断食で休ませていた胃腸を、普段通りの食事が摂れるように徐々に慣らしていくことが大切。
準備食とは反対に、胃にやさしく低カロリーなものから、だんだんと普通の食事に戻していくイメージです。
断食後は体が栄養を欲しているため、普段よりカロリーを吸収しやすい状態。そのためいきなり普通の食事に戻してしまうと、一気にカロリーを吸収して太りやすくなってしまいます。この回復食が断食の成功を左右すると言っても過言ではないので、最後まで気を抜かずに行いましょう。

回復期におすすめの食事

  • おかゆ
  • 味噌汁
  • 湯豆腐
  • 蒸し温野菜
  • おでん

断食中の栄養補給にはプロテインがおすすめ

先述の通り、断食中も必要な栄養素は摂りながら行うのがポイント。痩せ体質を作るなら、断食中の栄養補給にはプロテインがおすすめです。プロテインとはタンパク質を効率よく摂るためのサプリメントのようなもの。痩せ体質やメリハリボディ、美肌・美髪につながるなど、ダイエットや美容へのメリットはもちろん、腹持ちも良いので断食を続けやすいようサポートしてくれるんです!

筋肉の減少を防ぐ

プロテインは筋肉の材料となるタンパク質を効率よく摂るためのサプリメントのようなものなので、筋肉の減少を防ぐことにつながります。この筋肉こそが、痩せやすい体を作るカギなんです!
筋肉が多いほど代謝が上がり、カロリーを消費しやすい“痩せ体質”になれるんです。同じ運動量でも筋肉が多い方が消費カロリーが多いので痩せやすいというわけ!
また、筋肉は体を引き締め、メリハリのある美しいボディラインを作ってくれます。
断食中にプロテインでタンパク質を摂ることで、筋肉の減少を防ぎ、痩せ体質やメリハリボディにつながるんです!

空腹感を軽減

断食といえば空腹との闘い。でもプロテインならほどよい満腹感を得られるので、断食中の空腹感の軽減につながります。
さらに、プロテインの主成分であるタンパク質は、三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)の中で一番太りにくい栄養素。だからダイエットにもピッタリなんです!

美肌・美髪にもつながる

タンパク質は肌や髪の毛の材料にもなるので、健康的な肌や髪を守るためにも欠かせません。断食中もプロテインでタンパク質を摂ることで、ハリや潤いの若々しい肌や、つやつやの美しい髪の毛をキープすることにもつながりますよ。

プロテインは回復食にもおすすめ

プロテインは回復期のタンパク質摂取にもおすすめ。タンパク質はお肉や魚、卵などに多く含まれる栄養素ですが、プロテインなら食事で摂るよりも消化吸収されやすいので、胃腸の負担軽減につながります。回復期にもプロテインでタンパク質を摂ることで、筋肉の減少を防ぎ、痩せやすい体作りやリバウンド防止にも役立ちます。

おすすめは「SIXPACK プロテインバー」

SIXPACK プロテインバー3種類

数あるプロテインの中でも特におすすめなのが「SIXPACK プロテインバー」。
高タンパクで、脂質や糖質は格段に低く抑えられているから、ダイエットにもピッタリです。
おすすめポイントは次の3つ!

  • ① 余計な糖質・脂質はカット
    「SIXPACK プロテインバー」は、とにかく低糖質・低脂質!糖質5g、脂質はたったの4g(クランベリー味)と、他のプロテインバーと比べても格段に低く抑えられています。だからダイエット中でも罪悪感なく摂りやすい!
  • ② 1本20gの高タンパク
    さらに、1本で20gのタンパク質を摂ることができます。これは他のプロテインバーの1.5~2倍の多さで、国内トップクラス!効率よくタンパク質が摂れて、痩せやすい体作りをしっかりサポートしてくれますよ。
  • ③ 手軽に美味しく食べられる
    ラインナップは「キャラメルピーナッツ」、「チョコレート」、「クランベリー」の3種類。余計な脂質や糖質は抑えられているのに、スイーツ感覚で食べられるのも魅力です。断食中や断食後の回復食に甘いものが食べたくなった時にもおすすめですよ。

SIXPACKを詳しくみる

通販が便利でお得!

10個セットが20%OFF クランベリー味

「SIXPACK プロテインバー」は、通販での購入が便利でお得!
UHA味覚糖の公式健康・美容通販サイトなら、10個セットがなんと20%OFFで購入できます。しかも送料無料で自宅まで届けてくれるからラクチンです♪

まとめて購入はこちら

断食で痩せない時はやり方を見直してみよう

断食で痩せないのは、ポイントを押さえた断食ができていないのかも。断食前後の食事や、断食期間の長さ、断食中の栄養補給など、ポイントをしっかり押さえて行うことで、痩せやすい体作りにつながりますよ。
また、断食の本来の目的は胃腸を休めることなので、すぐに体重が落ちなくても焦らなくて大丈夫。ポイントを押さえた断食で、理想の体を目指しましょう!

記事内容に関するお問い合わせ

記事内容に関するお問い合わせ

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、運営委託先のEPARKより改善結果をメールでご報告いたします。
お問い合わせ内容

貴重なご意見をありがとうございます
readcare(リドケア)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する