子供のカルシウム不足に注意!牛乳以外で摂る方法は?一日の摂取量も解説

公開日:2020-11-20
LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する
子供のカルシウム不足に注意!牛乳以外で摂る方法は?一日の摂取量も解説

子供にはなんでカルシウムが大事なの?

子供の成長に必要な栄養素といえばカルシウム。昔から給食には、主食がお米だろうと麺だろうと関係なく、必ず牛乳が一緒に出てきますよね。その理由のひとつは、子供たちにカルシウムを摂って欲しいからなんです。それぐらい子供にはカルシウムが大事と言われていて、子供とカルシウムは切っても切れない関係なんです。
実際、子供にはカルシウムが大切!カルシウムは子供の体の発達や運動機能、心の健康のためにも必要で、将来の健康にも関わってくるので、子供のうちからしっかり摂っておくことが大事なんです!

でも、カルシウムが大事というのは分かっていても、具体的に子供の成長にどのように関わるのか詳しいことは知らない人も多いはず。
どうして子供にカルシウムが必要なの?どれくらい摂るのが良いの?良い摂り方は?不足するとどうなるの?などなど…そんな疑問にお答え!
カルシウムの子供への働きや、一日の摂取量の目安、おすすめの摂り方などを解説します!

子供に大切なカルシウムがおやつ感覚で摂れる
UHA味覚糖の「グミサプリKIDS」

子供にカルシウムが必要な理由

カルシウムは丈夫な骨を作る

カルシウムの主な働きは、骨や歯の材料になること。体内のカルシウムの99%が骨や歯に使われています。
子供は、身長が伸びたり歯が生え変わったりと、骨や歯の発達が盛んな時期。だからよりたくさんのカルシウムが必要なんです。カルシウムが足りないと、丈夫な骨や歯は作れません。骨や歯は一生使うもの。将来の健康のためにも、子供の頃からしっかりカルシウムを摂っておくことが大切です。

骨密度は20歳までに決まる

骨の強さを表す骨密度(骨量)は20歳頃までにピークとなり、それ以降は増やすことは難しいと言われています。骨密度が低いと、骨がスカスカになって骨折しやすくなってしまうので、骨密度を高めることができる子供のうちにしっかりカルシウムを摂っておく必要があるというわけ。給食で必ず牛乳が出るほどカルシウムが重要視されているのは、子供の頃のカルシウム摂取が一生に関わるからでもあるんです。

骨はカルシウムの貯蔵庫

子供のうちにしっかりとカルシウムを摂っておくことは、大人になってからも役立ちます。子供は大人に比べてカルシウムの吸収率が良いので、子供のうちにたくさん摂っておくことが大切!
骨はカルシウムの貯蔵庫のような役割を持っていて、体の中でカルシウムが不足した時に、骨からカルシウムを溶かしだして使用します。だからカルシウムが足りないと骨がどんどんスカスカに…。
カルシウムの吸収率が良い子供のうちにしっかり摂って“貯骨”しておくことが将来の健康にもつながるのです。

カルシウムは筋肉の働きも助ける

少年サッカー

カルシウムは筋肉をスムーズに動かすためにも重要です。
体内のカルシウムの残り1%は血液や筋肉、神経の中にあり、筋肉の収縮や神経の伝達などの働きをしています。生きて動けるのは、実はカルシウムの働きのおかげなんです。
だからスポーツをするお子さんには特に必要!カルシウムが足りないと、筋肉が硬くなって、足をつったり、ケガにもつながってしまいます。
また、筋肉を動かすことは、運動をするときにも大切ですが、心臓を規則正しく動かすためにも必要なので、カルシウムは生命維持に欠かせません。

カルシウムの上手な摂り方

子供が1日に必要なカルシウムは、牛乳約4~5本分!

子供が1日に必要なカルシウムの量は、年齢によって違います。一番多い時期は12~14歳で、女子が800mg、男子が1000mgです。
これは、学校の給食で出される牛乳(200ml)で言うと、約4~5本分の量になります。
つまり、毎日学校で牛乳を飲んでいるだけでは、必要なカルシウムを摂りきれないのです。
だから給食以外でもカルシウムを摂ることを心がけることが大事。

年齢別カルシウム推奨量

  男子 女子
1~2歳 450mg 400mg
3~5歳 600mg 550mg
6~7歳 600mg 550mg
8~9歳 650mg 750mg
10~11歳 700mg 750mg
12~14歳 1000mg 800mg
15~17歳 800mg 650mg

参照:
厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2020版)

牛乳以外で摂るなら大豆製品や小魚で

カルシウムといえば牛乳を思い浮かべる人が多いと思います。1本(200ml)あたり220mgものカルシウムが含まれていて、手軽に飲めるので、カルシウムの摂取にピッタリ。
牛乳が苦手なお子様など、牛乳以外でカルシウムを摂りたいなら、納豆などの大豆製品や、骨ごと食べられる小魚もおすすめです。

カルシウムはサプリでも摂るのもおすすめ

カルシウムの摂取には、サプリを活用するのもおすすめ。子供はまだ食べられる量が少なかったりして、食事だけで必要なカルシウムを摂るのが難しいこともあります。サプリなら手軽に摂れるし、摂取量も分かりやすいから便利ですよ。おやつ感覚で食べられるサプリならなおよし!毎日のおやつで簡単にカルシウムが摂れますよ。

グミサプリキッズ Ca・鉄

「UHAグミサプリKIDS」なら、グミだから子供も食べやすい!おやつ感覚で美味しくカルシウムを摂取できます。

UHAグミサプリKIDSを詳しくみる

ビタミンDやクエン酸と一緒に摂ると吸収率アップ

クエン酸

カルシウムを摂る時は、ビタミンDやクエン酸と一緒に摂ると吸収率がアップするのでおすすめです。
ビタミンDは魚やきのこ、卵などに、多く含まれ、クエン酸はレモンや梅干しなど酸っぱいものに多く含まれています。
ビタミンDはカルシウムの吸収を促進し、骨の形成にも関与。クエン酸は、ミネラルを包み込んで吸収されやすくしてくれる「キレート作用」があるので、カルシウムの吸収を助けてくれるんです!

カルシウムは吸収されにくい栄養素

実はカルシウムは、体に吸収されにくい栄養素。きちんと摂っているつもりでも、上手く吸収されずに、知らず知らずのうちに不足している…なんてことも。
だから、カルシウムを摂る時は、カルシウムの吸収を助けてくれるビタミンDやクエン酸と栄養素と一緒に摂ることを心がけて!

加工食品やスナック菓子に注意

カルシウムの吸収を助ける栄養素もあれば、妨げるものもあります。子供のおやつにスナック菓子をよく食べさせている、ハムやソーセージなど普段から加工食品が多め…という方は注意!スナック菓子や加工食品、インスタント食品などに含まれるリン酸は、カルシウムと結びついて外に排出させてしまうので、摂りすぎないようにしましょうね。

カルシウムのサプリは「UHAグミサプリKIDS」がおすすめ

グミサプリキッズ Ca・鉄

サプリでカルシウムを摂るなら「UHAグミサプリKIDS」がおすすめ。
子供用に作られているから、お子様のカルシウム摂取にピッタリです!
おすすめポイントは次の3つ!

① 子供も食べやすいグミタイプ

「UHAグミサプリKIDS」は、5粒で200mgのカルシウムを摂ることができます。子供でも食べやすいグミタイプだから、水なしで手軽にカルシウムを補給!錠剤が苦手なお子さんにもおすすめです。

② カルシウムの吸収を助けるビタミンDも配合

カルシウムと一緒に、カルシウムの吸収をサポートしてくれるビタミンDも配合!より効率よくカルシウムを摂取できます。
さらに、カルシウムと同じく子供の成長に大切な鉄分2mgも一緒に摂れるんです!

③ 美味しく続けられる

パイナップル味とマンゴー味の2種類の味が楽しめるのも、子供が喜ぶポイント!おやつ感覚で食べられるから、牛乳が苦手なお子さんのカルシウム摂取にもピッタリです。

「DHA」、「肝油」も

「UHAグミサプリKIDS」はカルシウムの他にも「DHA」「肝油」といった、お子さまの成長をサポートするラインナップが揃っています。
「DHA」にはEPAや目の健康に良いルテインも配合、「肝油」はビタミンA、ビタミンDを美味しく手軽に摂ることができますよ。

UHAグミサプリKIDSを詳しくみる

通販が便利でラクチン

「UHAグミサプリKIDS」は通販でも購入できます。
スマホやパソコンで簡単に注文できて、自宅まで届けてくれるから、仕事や家事、子育ての合間に購入できてラクチンですよ♪

UHAグミサプリKIDSの購入はこちら

子供のうちからカルシウムをしっかり摂ろう

milk

カルシウムは、健やかな成長のためにも、将来の健康のためにも、子供のうちからしっかり摂ることが大事!意識しないと不足しやすいので、サプリも活用しながら上手に摂りましょう。

記事内容に関するお問い合わせ

記事内容に関するお問い合わせ

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、運営委託先のEPARKより改善結果をメールでご報告いたします。
お問い合わせ内容

貴重なご意見をありがとうございます
readcare(リドケア)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する