有酸素運動にプロテインは必要?その理由やおすすめの摂り方&選び方解説

公開日:2020-12-17 | 更新日:2021-10-11
LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する
有酸素運動にプロテインは必要?その理由やおすすめの摂り方&選び方解説

有酸素運動にもプロテインはおすすめ!

外でプロテインを飲む女性

ウォーキングやランニングなどの有酸素運動。筋トレなどに比べて負荷が小さく、初心者でも続けやすいことから、ダイエットや健康のために始める人が増えています。

有酸素運動をするなら、一緒にプロテインも摂るのがおすすめ!
プロテインというと筋トレをする人が摂るイメージがあるかもしれませんが、有酸素運動をする人にも良いんです。
その理由やプロテインの摂り方、有酸素運動におすすめのプロテインの選び方などを解説します。プロテインの働きを知って、ぜひ取り入れて見てくださいね。

有酸素運動にもプロテインが良い理由

そもそも有酸素運動とは

ランニング中の女性

有酸素運動とは、ウォーキングやランニング、水泳など、ある程度長い時間継続してできる程度の運動のことを言います。エネルギー源は主に糖と脂肪。有酸素運動を一定時間続けるとことで、脂肪をエネルギーに変えて消費してくれるので、脂肪燃焼効果が期待でき、ダイエット目的の人にも人気です。

プロテインは筋肉の修復をサポートする

ランナー アップ中

先述の通り、有酸素運動では糖や脂肪がエネルギー源として消費されていきます。ところが長時間続けることで体内にエネルギーが不足すると、体は筋肉を分解してエネルギーを作り出そうとします。その筋肉を修復するのに必要なのがタンパク質。タンパク質が足りないと、筋肉を修復できず、筋肉が減ってしまうのです。筋肉が減ると代謝が落ちてカロリーを消費しにくくなってしまいます。つまり太りやすくて痩せにくい体になってしまうということ。それはダイエットにも健康にも良くありません。だから有酸素運動をするなら、プロテインでタンパク質を摂って筋肉を守ることが大切です。

プロテイン=タンパク質のサプリメント

プロテイン 食べ物 イメージ

プロテインというと、マッチョな人たちが摂るイメージがあることから、「筋肉増強剤」のように思っている人もいるかもしれません。でも、プロテインとは、タンパク質のこと。タンパク質を効率よく摂るためのサプリのようなものなんです。
タンパク質は体を作るもとになる栄養素で、筋肉の材料にもなる栄養素。マッチョの人たちがプロテインを摂っているのは、筋肉の材料であるタンパク質を摂るためなんです。

ダイエットのためにもおすすめ

筋肉はダイエットのためにも欠かせない存在。筋肉が多いほどカロリーを消費しやすくなり、太りやすく痩せやすい体になれるんです。だからダイエットのためには、筋肉量を維持・増量することが大事!ダイエットのために有酸素運動をしているのに、筋肉が減って太りやすい体になってしまっては意味ないですよね。そうならないためにも、しっかりタンパク質を摂ることを心がけて!

免疫力の低下を防ぐ

疲労回復 イメージ

ランニングなどの激しい運動を長時間続けると、免疫力が低下すると言われています。タンパク質を分解してできるアミノ酸の一種である「グルタミン」という物質は、運動後の免疫力低下を防いでくれる働きがあるので、ランニングなどの有酸素運動の後にもプロテインでタンパク質を摂るのがおすすめです。

有酸素運動時のプロテインの上手な摂り方

運動後に摂るのがおすすめ

自然の中でプロテインを飲む女性

プロテインを摂るには適したタイミングがあります。プロテインのメリットをより大きくするためには、運動後に摂るのがおすすめ!運動後は、体がエネルギーを欲しがっている状態。さらに、運動によってダメージを受けた筋肉が、修復するためにより多くのタンパク質を必要としてます。このタイミングでプロテインを摂ることで、筋肉が失われるのを防ぐことにつながるのです。

30分以内がゴールデンタイム

運動後30分以内がプロテイン摂取のゴールデンタイム。筋肉量を増やしてダイエットの効率を上げるチャンスです!
筋肉はダメージを回復する時に、元より大きく回復することで成長していきます。これを「超回復」と言いますが、この超回復をサポートするのがタンパク質。運動後すぐにタンパク質を摂るのと摂らないのとでは筋肉の回復度合いが違うのです。筋肉が増えれば代謝が上がり、カロリーを消費しやすいカラダになるので、ダイエットの効率がアップ!だからより効率よくダイエットするためにも、運動後30分以内に必ずプロテインでタンパク質を摂りましょう。

1回の量は20gくらいが目安

タンパク質量イメージ

タンパク質は1回に20gくらいを目安に摂りましょう。タンパク質は筋肉の材料になる以外にも、肌や髪の毛、血液、内臓など体のいたるところに必要とされている栄養素。だから量が少ないと筋肉の修復に使われる分が足りない場合があるのです。また、多く摂りすぎても、体内に摂りためておくことができないので無駄になってしまいます。タンパク質は多すぎても少なすぎてもダメ。運動によってダメージを受けた筋肉を回復させるためには、1回に20gくらいが理想です。

有酸素運動におすすめのプロテインの選び方

プロテインを選ぶ時は2つのポイントをチェック!

チェックポイント イメージ

有酸素運動にはどんなプロってインが良いの?と疑問に思っている人も多いはず。そんな人のために、有酸素運動におすすめのプロテインの選び方をご紹介します。
チェックするポイントは「タンパク質の多さ」と「脂質・糖質が抑えられているか」の2点。タンパク質が多く、脂質・糖質が低く抑えられたプロテインを選びましょう。

ポイント① タンパク質の多さ

タンパク質が豊富な食べもの

タンパク質の多さは、プロテインを選ぶ上で一番大事なポイント。プロテインは商品によって含まれているタンパク質の量が違うので、必ずチェックしましょう。同じ1回分でも、タンパク質を20g摂れるプロテインもあれば、10gしか摂れないプロテインもあるんです。選ぶべきは、タンパク質量が多いプロテイン。1回で20g前後摂れるプロテインがおすすめです。

ポイント② 脂質・糖質が抑えられているか

チョコレート カロリー イメージ

さらに、脂質・糖質の量も要チェック!商品によっては味付けのために脂質や糖質が多く使われているプロテインもあるからです。せっかくダイエットや健康のために有酸素運動をしているのなら、余計なカロリーは避けたいですよね。だから脂質や糖質の量もしっかり確認して、できるだけ低く抑えられているプロテインを選びましょう。

有酸素運動には「SIXPACK プロテインバー」がおすすめ

有酸素運動のお供には「SIXPACK プロテインバー」がおすすめ!
上の2つのチェックポイントを満たした最強のプロテインです。さらに、お菓子感覚で食べられるバータイプだから、運動後に甘いものが食べたい人にもピッタリです。

  • ① 1本にタンパク質20g配合
    「SIXPACK プロテインバー」は、1本に20gのタンパク質を配合。これは他のプロテインバーの1.5~2倍の多さです。これ1本で、1回分に理想的な量のタンパク質を摂ることができますよ。
  • ② 余計な脂質・糖質はカット
    脂質や糖質が格段に低く抑えられているのもポイント。その量、糖質5g、脂質はたったの4g(クランベリー味)です。余計なカロリーを摂らずに効率よくタンパク質を摂取できるから、ダイエットにもおすすめ!
  • ③ スイーツみたいなラインナップ
    「SIXPACK プロテインバー」は、お菓子感覚で食べられるバータイプのプロテイン。「キャラメルピーナッツ」「チョコレート」「クランベリー」の3種類に加え、今注目の成分「MCTオイル」を配合した「KETO Dietサポートプロテインバー チョコナッツ味」の計4種類で、スイーツみたいなラインナップだから、カロリーを気にして甘いものを控えている人も罪悪感なく食べられますよ。

SIXPACKを詳しくみる

通販なら20%OFF

さらに!「SIXPACK プロテインバー」は通販でお得に購入できます。
UHA味覚糖公式健康・美容通販サイトなら、10個セットがなんと20%OFF!8個分の値段で10個買えちゃうんです。しかも送料無料!
ダイエットや健康のための有酸素運動は、続けることが大事。プロテインも一緒に続けるために、まとめ買いが便利でお得です!

まとめて購入はこちら

有酸素運動にもプロテインを取り入れよう

「有酸素運動にプロテインは必要ない」なんて思っていたらもったいない!有酸素運動にもプロテインはおすすめです。ダイエットや健康のために有酸素運動をしているなら、プロテインでタンパク質を摂って筋肉を守りましょう。

記事内容に関するお問い合わせ

記事内容に関するお問い合わせ

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、運営委託先のEPARKより改善結果をメールでご報告いたします。
お問い合わせ内容

貴重なご意見をありがとうございます
readcare(リドケア)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

LINEでシェアする Twitterでシェアする このエントリーをはてなブックマークに追加する